テーマ:京都

藤森神社

JRに乗り藤森神社へ アジサイ、お馬さんでも有名な神社。 狛犬さんが元気にはねています 本殿にお参りして 京都の南を守る大将軍神社でもあったのですね。 鎧の塚もありました 菖蒲の節句発祥の地だそうです ふじの水 水のおいしい伏見ならではでしょうか
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都トレイル 清水寺から伏見稲荷

子安塔をあとにして清水山への登り口前をすすみ清閑寺の下をとおり 石段をおり 国道1号線道路をくぐるため、地下道を西側にさがし 地下道をくぐり くぐった先のトレイルの案内 渋谷街道との分岐のところにでてきました 東の方へ歩いていきます、 そして大きな石柱でまがり (余談ですが、すぐと書かれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

若宮八幡宮 陶器神社 六道珍皇寺、清水寺千日詣り

清水寺へ千日詣りにでかけました 若宮八幡宮 拝殿前に鏡があってびっくりしたけど、身も心もきれいに 蓬莱石 鍾馗様にお参りして 陶器でできているのでしょうか 屋根の上の鍾馗様をながめていたので大変重そう 祭礼でもある陶器市が10日まで行われていて大変忙しかったそうです 六道珍皇寺…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小栗栖八幡宮 明智藪 小栗栖天神宮 随心院

小栗栖八幡宮 お掃除をみなさんなさっていました、その中を参拝させていただきました この辺りは飯田家に治められていました。織田よりだった飯田一族。光秀が逃げてきてもかくまうことはしませんでした。 山の斜面に建てられています 光秀藪へむかいます お地蔵様の水のところを民家の方へまがり 明智光秀公の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本梄寺 頼政公 子安地蔵

六地蔵駅でおり、歩いて、坂を上って 老人ホームの横をご挨拶して通って 本梄寺 右手に頼政公と妻の慰霊碑と奥の岩に塚があります 源頼政公と妻の慰霊碑があります 宇治に逃れてきた頼政公 源平の争いの中で亡くなられました 手を合わせて 鐘楼のところから宇治を眺めます  曇っていて眺望があまりあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

赤山禅院 松ヶ崎大黒天 

あめがひどくなってきました 宝幢寺で一休み ちょうど社務所でしょうか、廂のあるところがあり、そこで休みました。ありがとうございます 気を取り直して、またあるきます 赤山禅院 広い、今までの七福神のお寺がこじんまりした感じだったので お寺のまわりをあるくのもなんだか時間がかかりました 本堂にお参り 屋…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三明院 崇道神社

三明院へ 緑おおわれる三重塔 石段の羅漢様 表情が豊かですね。 三重塔から見た京都市街 国際会議場なのかな 緑の中の鳥居 雨にけむる境内 歩いて 伊多太神社の跡 三宅八幡宮は元はこの辺りに建てられていたようです 打ち出の小づちの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三宅八幡宮 出町ふたば

6月30日は夏越の祓い 京都へ出かけました 出町柳で降りて、 鴨川。飛び石には誰もいません でまちふたばさんへ おお、まだ早いせいか、人が少ない。早速並んで水無月、豆餅を買いました ひえいがはいってきました うーん、豪華。特急券もなく乗れるところが魅力 ひえいに乗って 三宅八幡宮へ 鳥居…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

仁和寺

いつも京都のどこからか五重塔を探している仁和寺 宇多天皇が選定の遺志を継がれ完成、宇多天皇が退位後出家し、仁和寺を住居とされ、真言宗御室派の総本山 修復された観音堂と御殿を参拝しました 楼門は修復中。境内内から 御殿 大玄関と皇族門をくぐり白書院 御室流でも有名 台風でとが傷んでしまった勅使門 レースのよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

旧邸御室

仁和寺でバスをおり、あるいて 旧邸御室 昭和初期の数寄屋造りの邸宅 作られた目的などはっきりわからないのですが、昭和初期の和の心を感じる邸宅 平成28年11月国登録有形文化財になりました 御室邸は今は株式会社山三製材所創業者 山本三夫の次女 村田章代さんの所有になります 22畳の大広間で説明を聞きました 花梨の一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

松右衛門、高山寺

お店を見つけ、一息しようとはいりました 降りていくとこんな川床みたいなお座敷が 窓辺に案内されて 瓦に盛られて豪華 お店から見る外の川 清滝川におりてみました 石がごろごろ、水は深いところは冷たい 上流の方を見て、川床があるところがあります、料亭かな お昼をいただいところの石積み …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西明寺

赤い橋をわたり 横尾山 西明寺 下は川、対岸は岩   西明寺につきました 門からの境内 この時期赤い葉があるとなんだか珍しい 聖天様 大根とお菓子久しぶりにみました。中でお賽銭を入れると小さい赤いお札をいただけました 本堂に上がらせていただき釈迦如来像、運慶作、千寿観世音菩薩 、愛染明…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神護寺その2

「納涼房に雲来を望む」 雲蒸して壑浅きに似たり 雷渡りて空知の如し 颯々として風房に満ち 祁祁として雨あらし(風に利)を伴う  云々 弘法大師「性霊集」巻一 弘法大師は高雄山の納涼房を住まいとされました 金堂 薬師如来様がご本尊、月光菩薩、日光菩薩、十二神将が勢ぞろい 豪華な仏像を参拝し 、 和気一族に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神護寺その1

青紅葉がまぶしいころ、梅雨の雨間をぬってでかけました 京都市街を抜け、こんな山道の中を進むこと1時間 降りたバス停あたり、被害の跡が目をひきます 石段をありていきます 途中の休憩所、紅葉のころは人で混むのでしょうね ユキノシタ 緑に包まれだーれもいない 川までおりてきました 橋を渡…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大石神社 岩屋寺、山科神社

大石神社 ファラベラミニホースの花子ちゃん 1999年4月30日生まれ 平成最後の日が誕生日だったのね 大石内蔵助像 遺髪の碑 内蔵助の住まい ここで策を練ったのでしょうか 岩屋寺 良雄が詠んだ歌 茶室もありました 山科神社 一の宮なのですが …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山科 坂上田村麻呂、中臣遺跡、神社 坂上稲荷神社 

鞍馬口から地下鉄に乗り、梛辻で降り山科へ 坂の上田村麻呂 政将軍として、東医征伐に出かけた将軍、立ったままで埋葬されているといわれています 塚の前のレールはなにつかうのでしょうか 中臣遺跡 中臣鎌足を思い出すけど、古くからの豪族。まだ調べる余地あります 中臣神社小さいけれど綺麗に清掃された神社 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

船岡温泉、さらさ、玄武神社

船岡温泉 とても古風な門唐紋みたい・・などおもって写真を撮っていたら人が入っていかれました。午前から営業中なんですね 歩いていたら今宮神社の参道はここから。 カフェ更紗 お風呂屋さんをかいそうしたそうですが、マジョリカタイルが素敵。 開店は12時からで、しばらくまちました お店の中、タイルがいっぱい、隣の壁…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

船岡山 建勲神社

バスに乗って船岡山へ。 船岡山から見る大文字 大徳寺もすこしみえます この建物は? 左大文字 京都タワーも遠くに 仁和寺の五重塔も 船岡山 標高110 京の北を守る玄武 建勲神社へ 織田信長を明治になって作られた神社 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

二葉姫稲荷神社 上賀茂神社 

歩いて いせき 今はお香などを販売しています お香、節句物展示もありました 社家町へ 比叡山 神社の境内に ならのおがわ 曲水の宴をおこなったりします  二葉姫稲荷神社へ参拝にあがります 境内から見る市街、山々 紫式部の歌碑 写真はないのですが近くの片岡社…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大田神社

北山でおり、パン屋さん進々堂へ 2階席からパンをたべながら眺めます 比叡山 和菓子屋さん 今は上善寺に祭られている小野篁作の大きなお地蔵様鞍馬地蔵はこのお寺からきました 外の石仏様 大田神社へ 耳を澄まして 蛙の泣き声をききます。ほんの少しだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

上善寺 閑臥庵 御霊神社 妙覚寺 本法寺尊陽院 妙願寺

浄土宗 上善寺 広い境内 黄檗宗 閑臥庵 御霊神社へ  その前に応仁の乱の碑が 社務所で御朱印をお願いしたら、今年のお祭りは復活のお祭りだそうで、大変記念すべきお祭りだそうです。 そんな貴重なお祭りだったのですね。神輿など見れて幸せでした、もっとよく見ればよかった 境内…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

幸神社、本満寺、十念寺、阿弥陀寺、西園寺、天寧寺 寺町通

出町柳駅でおり、鴨川デルタを見ながらあるきます 雨が降ったりやんだり、石を飛び歩く人も。今日はまだ春の気温。夏が思い出されます・・ 比叡山の方も 橋を渡ったところの弁財天さん なんだか由緒がありそう・・ お参りして 境内も私サイズのなんだかとても親しみがわきました 桝形の商店街 沿道で豆をかいました …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神應寺 飛行神社

神應寺 160段ほどの石段をあがり 石清水八幡宮を開いた行教が応神天皇の霊を祭るため開創 もともとは應神寺と呼ばれていたそうですが、天皇の贈名と同じということで字の順番を変えたそうです。 本堂には豊臣の紋と、徳川の紋 現在は曹洞宗のお寺 秀吉が朝鮮出兵の際、石清水八幡宮に祈願したが八幡宮が首をふらず、日戸芳の竹馬…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

相槌神社 高良神社 石清水八幡宮頓宮極楽寺

今日は八幡市から 能蓮法師の歌 「石清水 清き流れの 絶えさねば やどる月さへ くまなかりけり」 あんご橋 相槌神社 山の井の井戸きれいな水で刀を作られたといわれています でも特別御朱印ですごい人。これで9時前ですが 並んでみました・・・ 藤をながめ・・・1時間たっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大原野神社

大原野神社へつきました 千眼桜 一重の枝垂れ桜 満開時期が短いので幻の桜とも呼ばれています 開花に間に合いました 784年長岡京遷都の際、春日大社の分霊を小塩山のふもとに歓請した神社 藤原氏にとって氏神様であり、紫式部にも歌に詠んでいます、また源氏物語に二十九帖「行幸」に冷泉帝が大原野に向かう様子が描かれています…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

勝持寺

隣の勝持寺へ といってもここからが長かった 途中あと400メートルと書かれた緩い石段をのぼり こちらは腕がない  応仁の乱でこの大原野は焼けてしまいました。今まで見たお寺も焼かれています この門はその中で残ってきたもの。仁王様が伝えているようです 仁王門をくぐり 小塩山 大原院勝…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

正法寺 

大原野神社へつきました おひるになったのでこごろさんへおそばとたけのこご飯をたべにいきました 店内は御昼どきで混んでいました。今日は富山のおそばだそうです たけのこご飯 来る途中直売所などで筍をたくさんみました。たいへんおいしくいただきました 正法寺さんへ 唐招提寺を創建した鑑真和上の高弟 智威大徳が創建 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

十輪寺その2 大歳神社

上に上がってなりひら桜、本堂をみる 本堂は応仁の乱で焼失し、750年の再建。屋根は鳳輦型(ほうれんがた)という貴族の神輿の形をしています 緩やかな優雅な曲線の屋根 大原や 小塩の山もけふこそは 神代のことも 思ひ出づらめ               在原業平 晩年に隠居し、塩焼きの風流を楽しんだというお寺 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

十輪寺

十輪寺につきました なりひら桜を入り口の椿から見て 在原業平が隠居したお寺 こんなに大きい 本堂から見て 本堂  文徳天皇が子供を授かる祈願をし清和天皇がお生まれになりました、 伝教大師作の延命地蔵菩薩にまかれた腹帯で染殿皇后があんざんされたことから 、安産、子育て祈願のお寺として知られてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more