大徳寺 総見院、方丈、法堂、唐門 京の冬の旅①②

DSC04580.JPG
大徳寺総見院
織田信長の葬儀を豊臣秀吉が執り行った織田家菩提寺 二体ある等身大の信長坐像は一体は葬儀で焼かれ香木が町中の漂ったそうです
DSC04614.JPG
本堂の坐像に参拝し、外の茶筅塚 
DSC04598.JPG
回廊にあった輿 廃仏毀釈で本山に置かれていた信長像をお迎えするときに載せた輿だそうです大徳寺派
お茶が盛んで、千利休もいた時代、お茶室の多いお寺、この境内にも三つ茶室があります
DSC04586.JPG
DSC04583.JPG
DSC04588.JPG 
DSC04589.JPG

竜が入るほど大きいという意味だそうです
DSC04590.JPG
DSC04591.JPG
DSC04592.JPG
DSC04593.JPG
DSC04595.JPG
DSC04596.JPG
DSC04599.JPG
DSC04600.JPGDSC04601.JPG
DSC04602.JPG
DSC04603.JPG
ふすまの持ち手の形が違う
DSC04604.JPG
DSC04605.JPG
DSC04606.JPG
DSC04607.JPG
香雲軒

加藤清正の井戸 帰ってくるのに船のおもしとして朝鮮の石を持ち帰りました
DSC04610.JPG
日本最古のわびすけ椿 秀吉ごのみのつばき
DSC04609.JPG
木が古いので花が咲くとよわらないようにすぐつんでしまうそうです
DSC04611.JPG
茶筅塚
DSC04612.JPG
抹茶茶碗
DSC04615.JPG
鐘楼 創建当時からあるそうです
DSC04616.JPG
外から見た方がわかりやすいのかな
DSC04617.JPG
途中の塔頭寺院
DSC04618.JPG
方丈、法堂、唐門
方丈ではなかの写真は撮れませんが、入り口の大きなかまどはまだ使われているとか
白い砂が盛られている庭は唐門から入ってくるときに、清めるために使われる砂
外から見た写真で
DSC04619.JPG
法堂の鳴き龍はびりびりと空気をふるえるような鳴き方でした 拍手の仕方にもよるそうです
DSC04620.JPG
唐門は 聚楽第の遺構といわれています 鯉、孔雀、バク彫り物に目を奪われ、飽きないことから日暮らし門徒も呼ばれています

DSC04621.JPG
塔頭寺院三玄院
石田三成の眠るお寺
DSC04625.JPG
仏塔 参拝して
DSC04627.JPG
DSC04628.JPG
大黒堂に参拝
DSC04629.JPG
三門 千利休の像があるため切腹を命じられたという門
DSC04630.JPG

大徳寺をでてあるいてうどんをたのみました
DSC04632.JPG
お豆腐に大の字がはいっているのわかるでしょうか ゆばも  ちょっとアップにしすぎたかな
DSC04631.JPG
別のお店で大徳寺納豆を買いました 一休さんが再興したといわれる大徳寺 一休さんのお寺報酬庵で納豆をかいそびれました
家でぜんざいをつくり食べてみました ちょっと塩っ辛いのと酸っぱいのが佃煮に似て、甘味やごはんにあいますIMG_6645.jpg
大徳寺さんを味わいました 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年01月17日 07:59
京の冬の旅の拝観で来られていたんですね
大徳寺は、秀吉、千利休が深く関わった臨済宗の本山ですね
総見院の信長公の等身大の坐像はポスターなどで見ますね
実物を拝観できたのですね
塔頭寺院でも茶室を多く持ちさすが茶道の寺院ですね
かのこ
2020年01月18日 21:19
戦国武将、細川氏、織田信長、石田三成など武将、利休、秀吉お茶のお寺、それぞれの歴史を感じながら歩きました。中を拝観できるのは秘密の空間みたいでどきどき歴史の大きさにわくわくしますね、大徳寺派一休さんが再興されたので納豆も興味があって買いました。発酵食品、佃煮みたいで不思議味ですね。でもおいしい。京都はだし、発酵食品をまた感じました