男山、石清水八幡宮、塔頭跡、神應寺 ~八幡秋の文化財一斉公開⑤

DSC03884.JPG
泰勝寺 
DSC03885.JPG
松花堂昭乗の墓所があり、11月に昭乗忌が行われます 普段は非公開
DSC03886.JPG
相槌神社 清水で刀をつくりました
石段をのぼります
DSC03887.JPG
DSC03891.JPG
大きなひしゃく?がおいてありました 石清水八幡宮、清水がわきでていたのですね
参拝をして
DSC03892.JPG
滝本坊あと 松花堂昭乗が寺としていたところ
DSC03893.JPG

IMG_6434.JPG
そして隠居後泉坊をたて松花堂と名付けました 松花堂弁当は 道具箱をお弁当箱にしてもりつけたものだそうです。
料理人ではなかったのね
IMG_6435.JPG

DSC03894.JPG
DSC03895.JPG
DSC03896.JPG
跡を巡って、山道をのぼっていきます
DSC03897.JPG

石清水八幡宮につきました。が、参拝の人の多いこと
DSC03898.JPG
DSC03899.JPG
これは休憩所のお茶どころ?
DSC03900.JPG
今日見てきた八角堂、正法寺の阿弥陀様 ここに前はいらしたのですね
DSC03901.JPG
三女神社
DSC03902.JPG
香の宮からの寄進?石清水八幡宮はとても力があることがわかります
DSC03903.JPG
ケーブル駅
DSC03904.JPG
新型車両が楽しみ
DSC03908.JPG
八幡市の風景もすこし楽しみDSC03912.JPG
こんなにピカピカ
DSC03914.JPG
すれ違い さようなら
DSC03918.JPG
麓駅
DSC03929.JPGDSC03928.JPGDSC03926.JPG
DSC03924.JPG
参拝時間が気になり、急いで神応寺へ石段を上がります
3時までだったそうで、片付けの準備をされているところ、奥様のご厚意で拝観させていただきました
石清水八幡宮を開いた行教の創建 寺院の中で一番古いとされています
徳川と豊臣の寺紋が珍しい
DSC03921.JPG
DSC03922.JPG
DSC03925.JPG
DSC03927.JPG
紅葉の向こうにケーブルカーが少し見えました
DSC03931.JPG
おなかがすいたので、走り餅やさんで一息、いのこもちはうりきれていました
松花堂アフタヌーンティーをいただきました ほうじ茶はこのまま飲み放題
DSC03934.JPG
十字に切った箱の中に入ったスイーツ でもおなか一杯になりました しばらくはスイーツいいかなあ、そんなこことないか
DSC03935.JPG
京阪から見た男山 道路の手前では神応寺の銀杏の木が際立って見えました
石清水八幡宮の神仏分離の貴重な仏像、松花堂、お茶畑の歴史、庭園茶室、そして尾張徳川の義直の母、お亀の方を感じる旅でした
拝観日がもっと23,24の二日でなくもっと長ければと思いました、また参拝、お茶を楽しみにしましょ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2019年11月28日 08:19
男山四十八坊の跡地を巡り八幡様を参拝して石清水八幡の巡礼のあと本社へのお礼参りのような旅でしたね
駅名も変わり車両も新しくなったケーブルカーにも乗られて本当に楽しい旅でしたね
走井餅の松花堂アフタヌーンティーで〆とは八幡を満喫され大満足のようですね
かのこ
2019年11月29日 07:53
最初のお寺、松花堂の昭乗さんの墓所もあり、11月に、「昭乗忌」も開かれるそうです。男山の松花堂あとをたずねました
こんな風流の方を記念して吉兆が道具箱を使いお弁当をつくったことも。48坊もあるのですね。あとを訪ねるだけでもありすぎて整理ができない・・
松花堂を深く知り、最後にアフタヌーンティーを食すことができ、おなかがすごくいっぱいになってしまった・・大変満足の旅でした