三宅八幡宮 出町ふたば

6月30日は夏越の祓い
京都へ出かけました
出町柳で降りて、
画像

鴨川。飛び石には誰もいません
画像

でまちふたばさんへ
おお、まだ早いせいか、人が少ない。早速並んで水無月、豆餅を買いました
画像

画像

ひえいがはいってきました
画像

うーん、豪華。特急券もなく乗れるところが魅力
画像

ひえいに乗って 三宅八幡宮へ
画像

画像

鳥居をくぐりさらにいきます
画像


画像

半夏生が見頃です

画像

とりいのところには狛鳩さん
小野妹子が髄からの帰国時病になり、宇佐八幡宮に祈願して治ったため、小野郷のこの地に八幡様を歓請したのが始まりだそうです。
画像

子供の守り神でとして知られ、疳の虫夜泣の御利益があるといわれています。虫八幡の別名も
画像

夏越の祓いの神事を受け茅の輪くぐりをしました
「水無月の夏越の祓いする人は千歳の命延ぶというなり」
画像

鳩つくしの境内
画像


画像


画像

鳩餅も 八つ橋のようなういろうのようなお菓子でした。参拝後はおいしい
画像


画像

滝 半夏生をみて
画像

小野一族小野妹子の墓が山の上にあるそうです。
村の水車は壊れていました。残念です。
三明院へ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年07月04日 08:28
雨が降る中夏越の祓に京都まで来られたんですね
しかも三宅八幡さんとは・・・
ここも半夏生が見応えがありますね
両足院に行かなくても良い位ですね
鳩餅も食べ、今年前半の穢れが祓われ残り半年も災いが無いよう願いします
かのこ
2019年07月04日 22:20
梅雨の雨の中、三宅八幡宮さんではしめやかにおお祓いの儀式が行われました、お式を迎えられたこととてもうれしくありがたく思います。
鳩尽くしで、かわいらしい紙鳩をお迎えしました。
茅の輪もくぐり、後半も元気に過ごせたらなと思います。

この記事へのトラックバック