八橋山 無量寿寺

画像

知立市の杜若、生育不良でしたが、地元の方、保存会の方の尽力で咲き始めました
画像


画像

お茶室燕子庵

画像
掛け軸には
「松寿(樹)千年翠」
移ろいいく花、季節、に心を奪われるが、その中で松は変わることなく美しい緑を保つ 万古不易の意味だそうです
過ぎ行く時を感謝して、これから来る令和が平和で変わらぬ日々が続くことを願って


画像


「みちのべに 清水流る楊影 しばしとてこそ立ち止まりつれ」西行法師 新古今和歌集
今年は西行桜をみにいきました。ここの御軸でも出会えました。夏の暑い日差しの中を歩いていると涼しそうな楊の木陰を見つけてついつい長居をしてしまったなあ」 そんなのどやかな時代になりますように。

お茶のお菓子は杜若
画像


画像


画像

この記事へのコメント

2019年05月02日 08:02
京都は天候が不順ですので出歩く気持ちになりません
毎年大田神社のカキツバタを楽しみにしていますがあいにくの天候のせいで行けてません
京都の情報を発信しているブログでは、「今年はカキツバタとつつじの開花が遅い」とありました
知立のカキツバタは見頃なんですね
大田神社も気になります
2019年05月02日 20:27
愛知県に突然戻してしまってすみません。今年は杜若がだいぶ回復してきたと話を聞きましたので。
京都は太田神社がありますね。こちらも楽しみですが、前日三部咲きだそうで、ここで暑くなってどうかなと思います。6日か来週くらいなら咲きそろうかな。
せきあさんのお花情報も結構楽しみにしているんですよ。あまり期待させちゃうと大変になってしまうかな。

この記事へのトラックバック