信貴山 朝護孫子寺 その2

DSC06339.JPG
世界一大福虎といわれる寅さんと本堂
DSC06340.JPG
がおと口を開けた寅さん
DSC06341.JPG
本堂をみて
DSC06342.JPG
小虎と一緒に
DSC06343.JPG
赤門をくぐり  さてどちらから行こうか悩みます 本坊の方へ
DSC06344.JPG
武将姿の聖徳太子像 十七条憲法や、笏を持ったお姿の方が有名で武将姿に新鮮さをおぼえます
DSC06345.JPG
かやのき稲荷
DSC06346.JPG
DSC06347.JPG
①本坊 の中にも虎
DSC06348.JPG
②成福院 如意融通尊が祀られています よく融通が利くという言葉はこの方から来ているとのこと
DSC06349.JPG
不動明王堂と三宝荒神様
参道を先ほどまで、山全体に響き渡るような読経で祈祷をされていたのでしょうか、お坊さんたちが通ります
DSC06350.JPG
石の虎
DSC06351.JPG
③本堂 懸けつくりの境内から見るそら
DSC06352.JPG
大和川が流れる先ほどの街がみえます
DSC06353.JPG
本堂から見たお堂
DSC06355.JPG
先ほどの開山堂
DSC06356.JPG
三十の塔と日本一大きいお地蔵様
DSC06354.JPG
本堂 扁額が欠けてしまいましたが、毘沙門天王の両側に百足は毘沙門天様のお使い
DSC06357.JPG
境内から見る景色になごりをおしんで
DSC06358.JPG
DSC06360.JPG上がってきた参道 遠くに三重塔と大きなお地蔵様
DSC06361.JPG
多宝塔へ
DSC06362.JPG
振り返って鐘楼 鐘楼の下が木の間から見えます
DSC06365.JPG
DSC06363.JPG
行者堂から神変大菩薩様を拝んて 道の分かれ道 下の道を行きます
DSC06364.JPG
上への道は空鉢護法へ
DSC06366.JPG
遠くにみえてた三重塔とお地蔵様
DSC06368.JPG
参拝して今度は石段をおりていきます 途中から見たお堂 伽藍
DSC06369.JPG
ここにも虎
DSC06371.JPG
④玉造院 浴湯堂
DSC06373.JPG
DSC06372.JPG
DSC06374.JPG
最初の成福院までもどってきました
DSC06370.JPG

DSC06375.JPG
DSC06376.JPG
DSC06378.JPG
DSC06377.JPG
参道途中で
DSC06379.JPG

⑥千手院
ここは占い 軽食などあってにぎやかでした お堂の写真もとれず、寅の中に入っていくという場所もありました
DSC06380.JPG
赤門をくぐり 福寅さんの所に戻ってきました
DSC06382.JPG
閑古鳥 平和の象徴
DSC06383.JPG
DSC06384.JPG
無料の休憩所の扁額 見上げると立派な額が。もともとはお堂だったのな 北野天満宮を思い出します
DSC06385.JPG
DSC06386.JPG

山の斜面に建てられた広い境内のお寺 お堂それぞれ特徴があって、テーマパークの遊具の中を歩いているようでした 昔の人は信仰と楽しみがあって回ったのかななどと思いました 地図とにらめっこでちょっとつかれた 山の間の狭いところに立っているので、お堂も全景がなかなか写せない そしてとても多い。神仏習合のお寺・・
DSC06387.JPG
DSC06388.JPG
バスの中から山、街並みを見ながら、まだ回り切れなかったお堂もあり名残惜しみながら降りていきました