蓮性院 松明院 隣松寺

細川氏縁ときく蓮性院へ
DSC06466.JPG
細川山 蓮性院
DSC06465.JPG
DSC06462.JPG
本堂跡があり
DSC06464.JPG
DSC06459.JPG
元首相がご先祖に参拝された記念碑
細川氏DSC06460.JPG
墓所は、よくわかりませんでした


DSC06469.JPG
松明院 
1368年松平村大給の仏堂を、初代大給城主松平乗元が再建 細川城も所有していた その戒名から松明院と名付けられました
1582年現在の場所に移され 大給松平家、奥殿松平家の菩提寺となりました
DSC06468.JPG
DSC06478.JPG
総門横の観音堂と睡蓮の池
DSC06471.JPG
この時期なので連写させてください
DSC06477.JPGDSC06474.JPG
DSC06475.JPG
DSC06476.JPG
DSC06470.JPG
DSC06479.JPG

矢作川を渡り、豊田市へ この間上郷駅でまったくバスがなく、といって近くのお寺巡りもあまりできなかったのでちょっと離れた隣松寺へ
いってみました
DSC06494.JPG
浄土宗 稲荷山 隣松寺
淳和天皇の第三皇子の東山親王国永公が当地に配流され、承和10年なくなられ仁明天皇がその追善のため創建 天台宗でしたが、明徳年間に浄土宗に改宗
境内の稲荷社は松平弘忠が家康の誕生に成長の無事を祈願したもの 
家康は三河一向一揆で稲荷社に戦勝祈願し、勝利したのち、寺号を「玉松山」から「稲荷山」に改めてj自身の甲冑姿の木像と念持仏を奉納し、朱印地30石を寄進した ~wlikiより

ここ訪れた目的の一つに細川氏3代の墓所があるということでしたが、大きなお寺にすっかり忘れていました

DSC06497.JPG
DSC06498.JPG
DSC06491.JPG
長い参道
DSC06493.JPG
これもダイナミック
DSC06487.JPG
中門
DSC06489.JPG
葵御紋の手水処
DSC06483.JPG
本堂
DSC06485.JPG

DSC06486.JPG
庫裏
DSC06482.JPG
美しく手入れされたお寺のお堂に魅了されます
DSC06481.JPG
稲荷さんも
DSC06480.JPG
伏見稲荷さんから勧請されたのですね
DSC06496.JPG
そして一向一揆の時にこのあいだ 上郷でみた上野城とも合戦があったのですね 一向一揆は本証寺、岡崎あたりかと思っていましたが、ここも 徳川の御紋があるのもうなづけます

まだまだ知りたいまわりたいところもあったけど、今日はここまで 細川氏、大給松平氏など、松平にまつわるところを少し回りました
又落ち着いたら調べながらめぐってみたい

奥殿陣屋 岡崎市 

やっと自粛が解けたかと思ったら雨、コロナ禍になってしまいました
車で買い物に出かけたときに、先日行けなかった静かな岡崎の山会いに寄ってみました
DSC06432.JPG
奥殿陣屋
奥殿松平家の初代は真次で二代将軍秀忠の家来として、大阪の陣に活躍し、大番頭に抜擢された 二代の乗次の時、大給藩となり第4代乗真の時、奥殿に陣屋を移し、奥殿藩が誕生しました 案内より 松平の第四代親忠から分かれています
DSC06423.JPG
資料館にあった陣屋の概要 もっと古い地図もあったのだけど、私レベルではわかりづらくて
DSC06424.JPG
学問所もあったようですね
DSC06426.JPG
上がっていって
DSC06425.JPG
上から見た全景 木ばかりですが
DSC06429.JPG
蓬莱の庭を散策
DSC06430.JPG
IMG_7890.JPGDSC06431.JPG
書院と金鳳亭
DSC06440.JPG
書院でお抹茶と紫陽花の和菓子をいただきました
DSC06433.JPG
窓から見る庭
DSC06447.JPG
書院の中、刀もありました 純情きらりのロケ地でも
DSC06437.JPG
DSC06438.JPG
裏千家 玄々斎宗室生誕の地 玄々斎宗室七代目五男です
DSC06442.JPG
DSC06448.JPG
御廟所を参拝しにあがります
土塁跡 七神宮
DSC06449.JPG
御廟所には静かに参拝しました
陣屋入り口の茶屋では人に会いましたが、ほとんどだれもいない空間 
DSC06453.JPG
違う道、今度は山道を通っておりてみました
DSC06454.JPG
蓬莱の庭に降りるはずが猪除けの柵、電線にはばまれ、どろどろの中またもとのみちにあがります
買い物ついでなので、バッグもリュックでないし、靴も歩き用でなく、サンダルでなかったのが幸いでしたが、やはり用意はしていかないといけませんね
DSC06451.JPG
熊野神社の方へおります
DSC06452.JPG
参拝し
DSC06456.JPG
DSC06458.JPG
奥殿陣屋の入り口
DSC06457.JPG
持統天皇が命名されたとされる花ぞの山村積山のふもとの陣屋 花も美しいと聞きます また訪れたいところ・・

達磨寺 奈良

王子駅からバスを降りて 達磨寺へ
DSC06391.JPG
聖徳太子の飼い犬の雪丸くんが出迎えてくれます
DSC06392.JPG
マスクをした雪丸
DSC06394.JPG
足跡のあとをおっていきます
DSC06395.JPG
からくり時計もみえてきました
DSC06396.JPG
DSC06397.JPG
ここにも雪丸
DSC06398.JPG
雪丸に導かれ達磨寺につきました

臨済宗南禅寺派 片岡山 達磨寺 
達磨大師が613年推古21年飢えたものに身をやつし、聖徳太子とであった歌を詠み交わしたお寺

聖徳太子が片岡に遊行された際、一人の異人が道に伏せて飢餓に苦しんでおられました。太子はとても憐れんで衣食を給し、一首の和歌を詠んで去られましたその翌日祖の異人は亡くなられ手厚く葬らせ、後日その屍を検視すると屍がきえ、衣服だけがお棺の上に残されていました
世の人はこれは達磨の化身だといい、その奇跡に驚きました。このお棺の上に達磨塚を整え、さらに精舎を建立し、聖徳太子自ら刻んだ達磨の木像を安置したのが始まりとされています 
その後荒廃していたところ建久年中に笠置の解脱上人が達磨の木像を繕い、塚上に三層の塔婆を建てて初めて達磨寺と称されました
その後興福寺僧に焼かれ、延応年中に松尾の勝月上人が再興し、永享年中に建仁寺の南峰禅師が住持と成り 足利の慕命により中興されました松永久秀の兵火で堂宇を失い、 正親町天皇の綸旨徳川秀頼により佐健され、徳川家康から30石の朱印地が安堵されました~案内より

とても見所の多いお寺なので、ゆっくり書いていきます
DSC06399.JPG
DSC06400.JPG
DSC06401.JPG
石塔の遺構もあるのですね
DSC06403.JPG
人が石を抱っこしていましたので何かと思ってみにいきました
薬師石
眼を閉じて妙手で抱けば病気が全壊するという、江戸時代の大和名所図会の達磨寺の挿絵に薬師石が乗っているので、古くから信仰があったとされます
DSC06406.JPG
導いてくれた雪丸 聖徳太子の飼っていた犬だそうですが、人の言葉がわかりお経も読めたという賢い犬 すごいな
DSC06407.JPG
DSC06404.JPG
DSC06408.JPG
そしてそうなのです、大河でも出てきた松永久秀の墓所も 先ほどいった信貴山城の城主でもありました
兵火でお寺も焼けているのですが・・そこは温厚なお寺なのでしょうか

DSC06410.JPG
DSC06409.JPG
建築など珍しいものが多く、どうしても説明板をとってしまいます
DSC06412.JPG
DSC06415.JPG
本堂に上がらせていただき、参拝しました
IMG_7907 (2).JPG
千手観音様、拝観させていただきましたが、手を細かい細工で巧妙に繊細に作られています
お写真はお寺のパンフレットから頂戴しました
DSC06413.JPG
DSC06416.JPG
DSC06417.JPG
古墳群も
DSC06418.JPG
達磨石 達磨大師が座ったとされる石
DSC06419.JPG
聖徳太子の太子石
DSC06411.JPG
石も
DSC06420.JPG
境内の藤棚 花も見どころも多いお寺 また訪れたいなと思いながらDSC06421.JPG
DSC06422.JPG
案内してくれた雪丸 
聖徳太子の新たな一面をみる信貴山、王寺巡りでした まだ詳しく知りたい、訪れたいと思った旅でした


信貴山 朝護孫子寺 その2

DSC06339.JPG
世界一大福虎といわれる寅さんと本堂
DSC06340.JPG
がおと口を開けた寅さん
DSC06341.JPG
本堂をみて
DSC06342.JPG
小虎と一緒に
DSC06343.JPG
赤門をくぐり  さてどちらから行こうか悩みます 本坊の方へ
DSC06344.JPG
武将姿の聖徳太子像 十七条憲法や、笏を持ったお姿の方が有名で武将姿に新鮮さをおぼえます
DSC06345.JPG
かやのき稲荷
DSC06346.JPG
DSC06347.JPG
①本坊 の中にも虎
DSC06348.JPG
②成福院 如意融通尊が祀られています よく融通が利くという言葉はこの方から来ているとのこと
DSC06349.JPG
不動明王堂と三宝荒神様
参道を先ほどまで、山全体に響き渡るような読経で祈祷をされていたのでしょうか、お坊さんたちが通ります
DSC06350.JPG
石の虎
DSC06351.JPG
③本堂 懸けつくりの境内から見るそら
DSC06352.JPG
大和川が流れる先ほどの街がみえます
DSC06353.JPG
本堂から見たお堂
DSC06355.JPG
先ほどの開山堂
DSC06356.JPG
三十の塔と日本一大きいお地蔵様
DSC06354.JPG
本堂 扁額が欠けてしまいましたが、毘沙門天王の両側に百足は毘沙門天様のお使い
DSC06357.JPG
境内から見る景色になごりをおしんで
DSC06358.JPG
DSC06360.JPG上がってきた参道 遠くに三重塔と大きなお地蔵様
DSC06361.JPG
多宝塔へ
DSC06362.JPG
振り返って鐘楼 鐘楼の下が木の間から見えます
DSC06365.JPG
DSC06363.JPG
行者堂から神変大菩薩様を拝んて 道の分かれ道 下の道を行きます
DSC06364.JPG
上への道は空鉢護法へ
DSC06366.JPG
遠くにみえてた三重塔とお地蔵様
DSC06368.JPG
参拝して今度は石段をおりていきます 途中から見たお堂 伽藍
DSC06369.JPG
ここにも虎
DSC06371.JPG
④玉造院 浴湯堂
DSC06373.JPG
DSC06372.JPG
DSC06374.JPG
最初の成福院までもどってきました
DSC06370.JPG

DSC06375.JPG
DSC06376.JPG
DSC06378.JPG
DSC06377.JPG
参道途中で
DSC06379.JPG

⑥千手院
ここは占い 軽食などあってにぎやかでした お堂の写真もとれず、寅の中に入っていくという場所もありました
DSC06380.JPG
赤門をくぐり 福寅さんの所に戻ってきました
DSC06382.JPG
閑古鳥 平和の象徴
DSC06383.JPG
DSC06384.JPG
無料の休憩所の扁額 見上げると立派な額が。もともとはお堂だったのな 北野天満宮を思い出します
DSC06385.JPG
DSC06386.JPG

山の斜面に建てられた広い境内のお寺 お堂それぞれ特徴があって、テーマパークの遊具の中を歩いているようでした 昔の人は信仰と楽しみがあって回ったのかななどと思いました 地図とにらめっこでちょっとつかれた 山の間の狭いところに立っているので、お堂も全景がなかなか写せない そしてとても多い。神仏習合のお寺・・
DSC06387.JPG
DSC06388.JPG
バスの中から山、街並みを見ながら、まだ回り切れなかったお堂もあり名残惜しみながら降りていきました

信貴山 朝護孫子寺 その1


約1400年前物部氏を討とうと聖徳太子がこの山に来て戦勝祈願し、天空はるかに毘沙門天が出現し、必勝の秘宝を授けられた
その日は奇しくも寅年、寅日、寅の刻であり、その御加護で物部氏を倒し、世が治まってから自ら天皇の御尊像を刻み伽藍を創建し信ずべき山、貴ぶべき山「信貴山」と名付けて以来、毘沙門天王は虎にゆかりのある神として信仰されています~案内文より

DSC06319.JPG
信貴山にバスで到着
バンジージャンプができるという橋がみえました・・やってる~
DSC06321.JPG
ちょっと場所柄上手に撮れませんでしたが、虎さん
DSC06322.JPG
神社の鳥居をくぐり
DSC06323.JPG
大きな仁王様のいらっしゃる仁王門をくぐり
DSC06327.JPG
力強い古式ゆかしい鳥居をくぐり
DSC06328.JPG
遥拝石 ?でしたが境内とても広くここにある意味がよくわかりました
DSC06329.JPG
猪上神社へ参拝
DSC06330.JPG
多聞天と書かれた鳥居をくぐり
DSC06331.JPG
この位置から本堂がみえるのですが
DSC06332.JPG
まず開山堂へ 階段が続きます 後で知りましたが108段あるとか
山に埋もれるお堂
DSC06333.JPG
本堂がみえます これも後から教えてもらいましたが、開山堂は本堂と同じ高さにあるそうです
DSC06336.JPG
DSC06338.JPG
開山堂
DSC06335.JPG
横からみた開山堂
お守りなど売っているところの女性の方が説明してくださいました
開山堂の中は四方正面式で彫り物も、聖徳太子様、弘法大師様、命蓮上人様もすばらしく、床形式にしたので御砂の砂は埋もれて今はお堂の中の御影石の石のしたにあるとのこと ご本尊様の写しは大正時代に大修復・・お札,ろうそくの話、御商売のように流暢な説明でした
水に浮かべるろうそくはまず水に浮かべて鎮めてから火をつけることも教えてもらい火をつけ参拝しました
DSC06334.JPG
命蓮上人の墓所を参拝して戻ります

赤門へ

龍田大社 神奈備神社  ~奈良~

DSC06291.JPG

今日はここから三郷駅から 龍田街道をあるいていきます
DSC06294.JPG
坂をあがっていくと神奈備神社
DSC06293.JPG
かむなびじんじゃとお呼びするのですね
DSC06295.JPG
神奈備の杜 龍田神社の飛び地境内地だそうです
DSC06296.JPG
途中の字騒動三でしょうか
DSC06297.JPG
煕がある景色 かなりあがってきました
DSC06298.JPG
龍田神社へ到着
DSC06299.JPG
DSC06300.JPG
手水処は使われていなくて、清めの水がさらさらながれていました

DSC06301.JPG
狛犬さんもまたとても古いかんじ
DSC06302.JPG
DSC06303.JPG
大阪式の尾が扇のようになっています
DSC06304.JPG
DSC06306.JPG
古代から信仰されていた神社
今から約二千年前、第十代酢仁天皇の時代 凶作、疫病が流行したとき天皇の御夢の通りにお宮をお造営すると疫病が退散し豊作になったことが神社の創建と考えらえています
主祭神は天御柱大神、国御柱大神

とても拝殿から写真を撮ることができず、横からですが雰囲気を感じていただけるでしょうか
DSC06307.JPG
DSC06308.JPG
社務所近くの方位 奥には雅楽の絵がありました
御朱印をいただいたら、うちわまで下さってお気遣いありがとうございます
DSC06310.JPG
DSC06309.JPG
金比羅さんと不動明王さんがいらっしゃる
DSC06311.JPG
門を閉ざしたままの寺院
大和川にそって歩いて
駅へ
DSC06312.JPG
DSC06313.JPG
DSC06314.JPGDSC06318.JPG
前から見て
DSC06319.JPG
DSC06317.JPG
DSC06316.JPG
信貴山下駅からバスに乗り 信貴山朝護孫子寺へ向かいます



 誓願寺上野城跡 岩津城跡、信光明寺、岩津天満宮 

豊田市駅から愛環鉄道に乗り
三河上郷でおりました
バスが・・1時間半もない・・ 駅周りを歩くことにしました
DSC06249.JPG
浄土宗 誓願寺
DSC06251.JPG
紫陽花の参道を登り参拝
IMG_7798.JPG
お堂も立派
DSC06252.JPG
しばらく歩いて  ここではお寺の行事jがあるのか人の出入りが多く、お施餓鬼?写真がとれませんでhした
DSC06253.JPG
上郷駅にかえり、案内板

DSC06254.JPG
まだ時間があったので、上野城跡へ
DSC06256.JPG
DSC06257.JPG
段差を感じてもらえるでしょうか
DSC06258.JPG
こちらの方は下は川になっています
IMG_7804.JPG
今は神社の境内になっています
DSC06259.JPG
DSC06260.JPG
このような風景が広がっています 村積み山も見えるかな
歩いていこうと思いましたが距離が6キロはあるので今回はやめてまた駅に戻り
バスに乗りました ローカル路線バスの旅を思い出す
DSC06261.JPG
岩津天神口で降り、坂をあがり、案内で曲がった道でみた石垣?
DSC06262.JPG
眺望も   でも進むと人家になるのでまた元の道にもどって
DSC06264.JPG
DSC06265.JPG
岩津城の登り口をみつけました
松平二代が松平郷から進出し、三代が築いた城
北条氏にせめられたこともあります

DSC06266.JPG
こんな杖もおいてあり
DSC06267.JPG
登っていくと
DSC06268.JPG
ここまで登り、草深くなるので、さきほどみた蝮注意の看板を思い出し今回はここまで
土塁など残っている遺構だそうなのでまた挑戦するつもりです
DSC06272.JPG
岩津天満宮へ
学問の神様として合格祈願に訪れる方の多い神社ですが
岩津城の守護神としての役割も
DSC06270.JPG
静かな境内に参拝しました
DSC06269.JPG
筆塚
DSC06271.JPG
降りていきます 参道も緑に包まれて
DSC06277.JPG
信光明寺へ 松平三代の墓所があります
坂からぐるっと道をまわり降りていきます
DSC06275.JPG
IMG_7811.JPG観音堂は国指定重要文化財 一度焼けましたが修復されました
芭蕉天神は岩津天神のご本尊、こちらで預かって守られていました
DSC06278.JPG
DSC06279.JPG
本堂の前には狛犬さん 天神様をおまつりしたり神仏習合ですね
IMG_7812.JPG
IMG_7813.JPG
DSC06282.JPG
高いところにある三代の墓所 お寺の方が掃除をされていました
よく手をあわせました
DSC06273.JPG
隣の保育園
なんだか大樹寺小学校を通るビスタラインを思い出します 中門のむこう、昔はなにがみえていたのでしょうか
DSC06284.JPG 
保育園をまわっておりて長い参道から見る信光明寺DSC06285.JPG
道を歩いて
IMG_7817.JPG
住宅街の中の本多忠勝公誕生の碑
碑の前に車がとまっていてこんな写真になってしまいました

蓮をみ、松平の歴史、家臣の生まれ、墓所を訪ね、歴史のある岩津、豊田を歩きました 久しぶりに三万歩をこえました
上郷がまだ謎の地。また行く機会があれば調べてみたいです

 桜城跡 拳母神社、随応院 寺部城跡 守綱神社

豊田を久しぶりにまわりました
豊田市駅でおり
DSC06199.JPG
桜城跡 桜が多かったことからで 佐久良城が正式名だそうです 洪水が多く廃城となり拳母城が気付かれました
公園になっています 隅櫓跡
DSC06198.JPG
DSC06200.JPG
防災倉庫もこんな形で城跡を残していく形になるのでしょうか
 DSC06201.JPG
拳母神社 子守の神社としてもしられています
DSC06202.JPG
DSC06203.JPG
胸を張る狛犬さん
DSC06204.JPG
DSC06205.JPG
広い境内 宮参りの方々が参拝されていました
DSC06211.JPG
お祭りの準備でしょうか 人が集まっていて写真がとれていないのですが 神輿殿と、拝殿がならんでいます
DSC06206.JPG
狛犬さんたちが個性的で 
DSC06207.JPG
DSC06209.JPG
DSC06210.JPG
神殿前の狛犬さんたち
DSC06216.JPG
豊田スタジアムを見ながら橋をこえて 半年ちょっと前にあつくなったことおもいます いまこそワンチーム日本
DSC06219.JPG
随応院へ 前回紹介しましたが
DSC06221.JPG
蓮を
DSC06240.JPG
寺部城跡へ
DSC06242.JPG
公園になっているようなので上がっていったら、こんな看板が
DSC06243.JPG
城跡らしきものを写真で
DSC06244.JPG
段差 土塁だったのか
DSC06245.JPG
ここは高いところ 櫓跡?など考えていました
DSC06246.JPG
DSC06247.JPG
守綱神社へ
徳川家康の家臣として徳川十六神将のひとり 寺部城城主 槍の半蔵とよばれた渡辺守綱 服部半蔵とは別人なのですね
DSC06248.JPG
ここもだれもいなくてこの季節、静かに参拝しました

随応院

今日は豊田市へ
IMG_7778.JPG
随応院
松平元康が初陣の地のお寺 渡辺守綱の領地であり夫人の墓地があります

知恩院から紅白の蓮を一株ずつ分けていただいたご縁があり、境内、参道は蓮さかり

種類が違うので時間をおいて鑑賞できることでしょう
DSC06233.JPG
IMG_7777.JPGIMG_7773.JPG
DSC06221.JPG
DSC06219.JPG
本堂では法要?
お墓参りの方も多く、蓮をゆっくりみるのもなんだか
DSC06227.JPG
DSC06224.JPG
IMG_7781.JPGDSC06228.JPG
DSC06237.JPG
蓮華  散華を思います
DSC06222.JPG
渡辺家夫人の墓所
IMG_7780.JPG
種類の多い蓮 これからもしばらく咲き続けていくでしょう
DSC06231.JPG
IMG_7776.JPG
IMG_7772.JPG

西尾城 岩瀬文庫、妙喜寺

IMG_7519.JPG
先月に半ばにおそるおそる訪れた西尾城
体温、住所など書き、フェイスシールドをされた方にお茶をいただきました
こうやってお茶をいただけることがとても幸せに思えました
丑寅櫓をながめて
DSC05951.JPG
旧近衛邸 京都から移築されたそうです→京都の近衛邸跡の桜 http://season256.blog.fc2.com/blog-entry-518.html
DSC05952.JPG
西尾城へ
御劔八幡宮 
DSC05953.JPG
参拝して
IMG_7529.JPG
資料館から見る丑寅櫓
DSC05954.JPG
IMG_7532.JPG
櫓から見る工事中の門
IMG_7533.JPG
IMG_7534.JPG
だいぶ出来上がっています
DSC05955.JPG
DSC05956.JPG
岩瀬文庫 児童館でした
DSC05957.JPG
DSC05959.JPG
岩瀬文庫の展示 これも入ることが出きとてもうれしい
DSC05969.JPG
古書の複製本を検索、実際ふれることができます
姫魚さんのこと、食べ物、貝さかな草が食べられるかとても重要だったようです
雪の結晶の本・・・東海道の見て歩き地図?もありました 
昔の人の関心がなににあったかよくわかります 今と変わらない・・・
DSC05974.JPG
宇治茶を納める手順書の本、
実際和綴じ本をのページをくれることがうれしい

ここからちょっと離れたところの西尾市江原町の妙喜寺へ
西尾は今川氏、吉良氏縁がある地域ですが、徳川四天王の井伊直政の正室 唐梅院ゆかりのお寺をきき訪れました
DSC05982.JPG
唐梅院の母は江原丹波守政秀の娘で 父は吉良町饗庭郷 松井左近忠次といわれています
井伊直虎の父、直盛とともに桶狭間で命を落とした江原丹波守政秀氏に参拝しました
IMG_7537.JPG
本堂では座禅体験でしょうか、人もお墓参りで出入りされていて地域に大切にされているお寺ということがわかります
DSC05981.JPG
久々に外出しました。なんだか不思議な気分でした
そしてまた西尾、東条城、吉良など訪れたくなりました


伊賀八幡宮

DSC06194.JPG
伊賀八幡宮へ
蓮の季節 
戦いの場所を見た後は、蓮の花に穏やかな極楽浄土をかんじます
この池もそんな願いで作られたとききます
DSC06185.JPG
蓮の連写
DSC06186.JPG
DSC06187.JPG
DSC06189.JPG
DSC06191.JPG
DSC06193.JPG

DSC06195.JPG
松応寺 
DSC06196.JPG
七夕飾り もう七月