達磨寺 奈良

王子駅からバスを降りて 達磨寺へ
DSC06391.JPG
聖徳太子の飼い犬の雪丸くんが出迎えてくれます
DSC06392.JPG
マスクをした雪丸
DSC06394.JPG
足跡のあとをおっていきます
DSC06395.JPG
からくり時計もみえてきました
DSC06396.JPG
DSC06397.JPG
ここにも雪丸
DSC06398.JPG
雪丸に導かれ達磨寺につきました

臨済宗南禅寺派 片岡山 達磨寺 
達磨大師が613年推古21年飢えたものに身をやつし、聖徳太子とであった歌を詠み交わしたお寺

聖徳太子が片岡に遊行された際、一人の異人が道に伏せて飢餓に苦しんでおられました。太子はとても憐れんで衣食を給し、一首の和歌を詠んで去られましたその翌日祖の異人は亡くなられ手厚く葬らせ、後日その屍を検視すると屍がきえ、衣服だけがお棺の上に残されていました
世の人はこれは達磨の化身だといい、その奇跡に驚きました。このお棺の上に達磨塚を整え、さらに精舎を建立し、聖徳太子自ら刻んだ達磨の木像を安置したのが始まりとされています 
その後荒廃していたところ建久年中に笠置の解脱上人が達磨の木像を繕い、塚上に三層の塔婆を建てて初めて達磨寺と称されました
その後興福寺僧に焼かれ、延応年中に松尾の勝月上人が再興し、永享年中に建仁寺の南峰禅師が住持と成り 足利の慕命により中興されました松永久秀の兵火で堂宇を失い、 正親町天皇の綸旨徳川秀頼により佐健され、徳川家康から30石の朱印地が安堵されました~案内より

とても見所の多いお寺なので、ゆっくり書いていきます
DSC06399.JPG
DSC06400.JPG
DSC06401.JPG
石塔の遺構もあるのですね
DSC06403.JPG
人が石を抱っこしていましたので何かと思ってみにいきました
薬師石
眼を閉じて妙手で抱けば病気が全壊するという、江戸時代の大和名所図会の達磨寺の挿絵に薬師石が乗っているので、古くから信仰があったとされます
DSC06406.JPG
導いてくれた雪丸 聖徳太子の飼っていた犬だそうですが、人の言葉がわかりお経も読めたという賢い犬 すごいな
DSC06407.JPG
DSC06404.JPG
DSC06408.JPG
そしてそうなのです、大河でも出てきた松永久秀の墓所も 先ほどいった信貴山城の城主でもありました
兵火でお寺も焼けているのですが・・そこは温厚なお寺なのでしょうか

DSC06410.JPG
DSC06409.JPG
建築など珍しいものが多く、どうしても説明板をとってしまいます
DSC06412.JPG
DSC06415.JPG
本堂に上がらせていただき、参拝しました
IMG_7907 (2).JPG
千手観音様、拝観させていただきましたが、手を細かい細工で巧妙に繊細に作られています
お写真はお寺のパンフレットから頂戴しました
DSC06413.JPG
DSC06416.JPG
DSC06417.JPG
古墳群も
DSC06418.JPG
達磨石 達磨大師が座ったとされる石
DSC06419.JPG
聖徳太子の太子石
DSC06411.JPG
石も
DSC06420.JPG
境内の藤棚 花も見どころも多いお寺 また訪れたいなと思いながらDSC06421.JPG
DSC06422.JPG
案内してくれた雪丸 
聖徳太子の新たな一面をみる信貴山、王寺巡りでした まだ詳しく知りたい、訪れたいと思った旅でした


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年07月26日 08:57
王寺は雪丸で町おこしなんですね
これでもかと雪丸が各所にあるんですね
達磨寺は飢人伝説が起源とされ本堂下にも古墳があるようですね
信貴山で聖徳太子の騎馬像を見て達磨寺では太子の慈悲深い逸話に触れた巡りでしたね
僕も気になっていた達磨寺、本当に千本の腕を持つ千手観音様が祀られていると言われているのでお参りに行こうと思っていました
梅雨の合間に聖徳太子を巡る良い旅でしたね
かのこ
2020年07月26日 12:12
雪丸はとてもかわいくてかってみたいなと思ったけど、とても賢くて、勉強しないと雪丸からおしえてもらわないといけないかな
達磨寺の由来をしっかりかいていなかったですね。問答石で聖徳太子と飢人として訪れた達磨大師との縁があるようですね
古墳、信貴山城の城主であった松永氏とも歴史の深いお寺ということを認識しました せきあさんも行かれましたが、法隆寺あたりもめぐりたいなと思いました