西尾城 岩瀬文庫、妙喜寺

IMG_7519.JPG
先月に半ばにおそるおそる訪れた西尾城
体温、住所など書き、フェイスシールドをされた方にお茶をいただきました
こうやってお茶をいただけることがとても幸せに思えました
丑寅櫓をながめて
DSC05951.JPG
旧近衛邸 京都から移築されたそうです→京都の近衛邸跡の桜 http://season256.blog.fc2.com/blog-entry-518.html
DSC05952.JPG
西尾城へ
御劔八幡宮 
DSC05953.JPG
参拝して
IMG_7529.JPG
資料館から見る丑寅櫓
DSC05954.JPG
IMG_7532.JPG
櫓から見る工事中の門
IMG_7533.JPG
IMG_7534.JPG
だいぶ出来上がっています
DSC05955.JPG
DSC05956.JPG
岩瀬文庫 児童館でした
DSC05957.JPG
DSC05959.JPG
岩瀬文庫の展示 これも入ることが出きとてもうれしい
DSC05969.JPG
古書の複製本を検索、実際ふれることができます
姫魚さんのこと、食べ物、貝さかな草が食べられるかとても重要だったようです
雪の結晶の本・・・東海道の見て歩き地図?もありました 
昔の人の関心がなににあったかよくわかります 今と変わらない・・・
DSC05974.JPG
宇治茶を納める手順書の本、
実際和綴じ本をのページをくれることがうれしい

ここからちょっと離れたところの西尾市江原町の妙喜寺へ
西尾は今川氏、吉良氏縁がある地域ですが、徳川四天王の井伊直政の正室 唐梅院ゆかりのお寺をきき訪れました
DSC05982.JPG
唐梅院の母は江原丹波守政秀の娘で 父は吉良町饗庭郷 松井左近忠次といわれています
井伊直虎の父、直盛とともに桶狭間で命を落とした江原丹波守政秀氏に参拝しました
IMG_7537.JPG
本堂では座禅体験でしょうか、人もお墓参りで出入りされていて地域に大切にされているお寺ということがわかります
DSC05981.JPG
久々に外出しました。なんだか不思議な気分でした
そしてまた西尾、東条城、吉良など訪れたくなりました


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年07月06日 07:58
西尾城址から八ツ面山まで巡られたのですね
蒸し暑かったのではないでしょうか?
熱中症対策を十分に行い気をつけてください

御劔八幡宮の陶器の狛犬は珍しいので覚えています
西尾城址は整備中の門など観光に力を入れていますね
抹茶も派手に宣伝しないといけないですね
かのこ
2020年07月07日 06:52
せきあさんはちゃんとみていらっしゃいますね
そうです、陶器の狛犬さんが西尾城にいらっしゃいました

西尾の抹茶はおいしい、駅から離れているし、西尾城近辺ではお店も少なく、知られていないのかな。観光が主の市ではないので、アピールが薄いのかも。
でもこれで二の丸にも櫓がたつようなので、観光客も増えるかな

実はせきあさんの過去記事、東条吉良、准三河四国の記事を読ませていただいて小さな寺社をめぐってみました 妙喜寺さんは歴史が深く、ちょっとびっくり、吉良、西尾方面もいいですね
今回は新茶を買いにいったので、車であまり回りませんでした

自粛中は、車に乗れない人のことも考えて、まったく出かけませんでした
新茶を買い物の目的の西尾は 車でなんだかとても新鮮でした
いつもは御洒落もせず、10キロ、20キロ歩くことをかんがえて防寒、熱中症対策の服装、飲み物荷物をもっての参拝でしたが、車で行くと、おしゃれもできるし荷物も楽。でも、いつも見るお地蔵さん、石碑などに出会えなくて、なんだか物足りない。そんな西尾旅でした