蓮性院 松明院 隣松寺

細川氏縁ときく蓮性院へ
DSC06466.JPG
細川山 蓮性院
DSC06465.JPG
DSC06462.JPG
本堂跡があり
DSC06464.JPG
DSC06459.JPG
元首相がご先祖に参拝された記念碑
細川氏DSC06460.JPG
墓所は、よくわかりませんでした


DSC06469.JPG
松明院 
1368年松平村大給の仏堂を、初代大給城主松平乗元が再建 細川城も所有していた その戒名から松明院と名付けられました
1582年現在の場所に移され 大給松平家、奥殿松平家の菩提寺となりました
DSC06468.JPG
DSC06478.JPG
総門横の観音堂と睡蓮の池
DSC06471.JPG
この時期なので連写させてください
DSC06477.JPGDSC06474.JPG
DSC06475.JPG
DSC06476.JPG
DSC06470.JPG
DSC06479.JPG

矢作川を渡り、豊田市へ この間上郷駅でまったくバスがなく、といって近くのお寺巡りもあまりできなかったのでちょっと離れた隣松寺へ
いってみました
DSC06494.JPG
浄土宗 稲荷山 隣松寺
淳和天皇の第三皇子の東山親王国永公が当地に配流され、承和10年なくなられ仁明天皇がその追善のため創建 天台宗でしたが、明徳年間に浄土宗に改宗
境内の稲荷社は松平弘忠が家康の誕生に成長の無事を祈願したもの 
家康は三河一向一揆で稲荷社に戦勝祈願し、勝利したのち、寺号を「玉松山」から「稲荷山」に改めてj自身の甲冑姿の木像と念持仏を奉納し、朱印地30石を寄進した ~wlikiより

ここ訪れた目的の一つに細川氏3代の墓所があるということでしたが、大きなお寺にすっかり忘れていました

DSC06497.JPG
DSC06498.JPG
DSC06491.JPG
長い参道
DSC06493.JPG
これもダイナミック
DSC06487.JPG
中門
DSC06489.JPG
葵御紋の手水処
DSC06483.JPG
本堂
DSC06485.JPG

DSC06486.JPG
庫裏
DSC06482.JPG
美しく手入れされたお寺のお堂に魅了されます
DSC06481.JPG
稲荷さんも
DSC06480.JPG
伏見稲荷さんから勧請されたのですね
DSC06496.JPG
そして一向一揆の時にこのあいだ 上郷でみた上野城とも合戦があったのですね 一向一揆は本証寺、岡崎あたりかと思っていましたが、ここも 徳川の御紋があるのもうなづけます

まだまだ知りたいまわりたいところもあったけど、今日はここまで 細川氏、大給松平氏など、松平にまつわるところを少し回りました
又落ち着いたら調べながらめぐってみたい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年07月26日 13:15
蓮性院へは訪れた事がないので細川家の祖のお墓がどこに在るのか分かりません
案内も無いのですね
墓参の碑にも案内が無いようですね
細川城山城跡のお寺なので曲輪、土塁が残っているようなので行ってみたいです
その南の松明院は、大給松平家の菩提寺
隣松寺さんは家康公縁の寺院ですね
西三河は英傑の生まれた地、今川家も西尾です
自慢できる土地ですね
かのこ
2020年07月26日 14:14
蓮性院は新しいお墓が並んで綺麗に整地されていました。お寺の在り方がかわったのかもしれません。
細川城址の碑があるので、車ではちょっと止めるところがわからないので今度行ったときに見てみようと思います。
松明院、睡蓮が綺麗な季節なので訪れました。ここから西尾城主大給松平にもつながります
隣松寺、家康公、広忠公、一向一揆などつながっていくのがよくわかりました
先日岩津へのバス待ちで訪れた上野城も一向一揆の場所でもあったことも
せきあさんの京都、奈良記事からまた探すと三河は活躍した武将の故郷でもあることがよくわかります 准三河准四国のお寺もそれなりの意味を持って回るようになっているのでしょうね また視点をかえてみることができとてもおもしろいです。これからもよろしくおねがいします