井田城跡 西光寺、井田八幡宮、明願寺 ~酒井忠次公巡り

DSC06136.JPG
先日 京都知恩院の参道で酒井忠次公の御廟所のお寺を前を通って参拝してきました→https://season256.at.webry.info/202006/article_6.html

今日は岡崎の井田町で酒井忠次公誕生の地ともされる井田城跡へ 若いころから家康公に仕えた酒井忠次公 この地で生まれたのですね
三河武士発祥の地
DSC06143.JPG
井田公園の方から上がると城跡らしい盛地
DSC06137.JPG
大樹寺、岡崎城と重要なラインを担っていたようです
DSC06141.JPG
見下ろす井田公園
DSC06140.JPG
鳥居から見る白龍大神
DSC06139.JPG
城山稲荷神社への参道
DSC06142.JPG
この鳥居が神社へ一番の鳥居になります
隣の公園で親子が遊んでいました

井田城近くにお城跡らしいお寺があるのでそちらへ向かいます
また坂をのぼり住宅街を抜け
DSC06144.JPG
三十三観音様
DSC06145.JPG
西光寺 史跡の多い寺
DSC06146.JPG
本堂
DSC06147.JPG
DSC06148.JPG

井田野古戦場 松平親忠が戦い、勝った親忠が敵味方区別なく塚を作って葬りました 千人塚
家康が桶狭間で大樹寺に逃げ込んだ際、追手の織田方とも戦い、倒れた多くの僧を弔った 大衆塚 人も巻き込まれ大きな戦いでした
DSC06149.JPG
芭蕉の句碑

夏草や兵どもも夢のあと  大勢の亡くなった兵士 僧をしのんで
DSC06154.JPG
DSC06151.JPG
大樹寺が見える高台にあるお寺
城として機能していたのではという説もあります
この見晴らしの良い場所が古戦場になっていたこと、手を合わせてお参りしました
DSC06155.JPG
DSC06156.JPG
DSC06157.JPG
大きなもちの樹の下を通り、千人塚へ
DSC06159.JPG
DSC06160.JPG
大切にされている、崇敬な雰囲気を持つ地 頭を下げ祈りました 
DSC06158.JPG
境内から見る本堂

DSC06165.JPG
井田八幡宮
DSC06166.JPG
社殿の飾りの荘厳さに目をみはりました
DSC06167.JPG
酒井家の産土社でもあった神社
DSC06168.JPG
ここが入り口の鳥居かと思ったら
DSC06169.JPG
まだ鳥居があって
DSC06170.JPG
長い参道・・でした
DSC06171.JPG
そして歩いて 明願寺
真福寺の別院でもあり、宗遍の茶室が有名でお茶会も特別に開かれるようです
DSC06172.JPG
DSC06175.JPG
本堂へ
DSC06177.JPG
DSC06176.JPG
DSC06181.JPG
美しい庭
DSC06173.JPG
梅雨の晴れ間の中の新緑の中、色づくなでしこ 
DSC06179.JPG何となく蘆山寺の桔梗を思い出します
DSC06182.JPG
青紅葉 紅葉の頃は‥など想像してしまいます
DSC06183.JPG
酒井忠次公ゆかりの場所を 岡崎の井田町あたりを歩いてみました
徳川の時代を作るのに欠かせなかった人材、戦いとともに酒井氏 百年にも渡る戦場でもあったこの井田の地
今は静かな平和な住宅街の中、戦国を思います

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年06月30日 07:59
酒井忠次が生まれたと言われる井田野
井田城址とマップで表されていますね
西光寺さんが管理している千人塚は松平家4代の忠親が井田野の戦いの戦死者たちを敵味方の区別なく弔った地です
ここは常に静寂な空気に包まれて夏でも涼しさを感じる場所です
また、家康が桶狭間の戦い後、大樹寺に逃げ込んだ際、追手の織田方と戦って倒れた多くの僧を葬った大衆塚もあります
懐かしい岡崎の史跡巡りの記事、ありがとうございます
かのこ
2020年07月01日 00:11
京都で拝見した酒井忠次公御廟所のあと、訪れたくてでかけました
大樹寺と伊賀八幡宮の近くの城跡、お寺、何度も通っているのdに、しっかりこの辺りを見ることができなくて。大衆塚、千人塚、家康が大樹寺に逃げ込んだ話あ、合戦のことなど思い出しました。千人塚は空気が違いますね 。緑の木々の中、お寺の中にいるような気持ちになりました
酒井氏も調べると二つあるようで、雅楽頭系 左衛門系とで忠次は後の方。
戦いのすさまじさを碑、塚から感じ、またこの後伊賀八幡具へ行き、池の蓮を極楽浄土に見立てたという気持ちが伝わってきました
岡崎も記事も参考にさせていただきましたよ。ありがとうございます