白川 明智塚 知恩院

祇園白川へ
DSC06082.JPG
人の少ない京都の街 
DSC06081.JPG
はも丼、おいしくいただきました
DSC06083.JPG
涼し気な白川
DSC06084.JPG
こちらで水無月、饅頭をかいました
DSC06087.JPG
明智塚へ
DSC06085.JPG
DSC06086.JPG
そっと咲いている桔梗
DSC06088.JPG
阿舎利橋
DSC06090.JPG
DSC06089.JPG
DSC06091.JPG
京都で一番怖い狛犬さんにご挨拶して
DSC06092.JPG
酒井忠次公御廟所
DSC06094.JPG
知恩院七不思議 瓜生石
DSC06095.JPG
親鸞さまのお住まい
DSC06096.JPG
知恩院へ 子の門が自粛中閉まったそうです 大きな門閉めるのも大変だったのでしょう
DSC06097.JPG
お城のような石垣
DSC06098.JPG
DSC06100.JPG
さらに上がって
DSC06103.JPG
DSC06104.JPG
DSC06105.JPG
御影堂へ
DSC06106.JPG
高浜の鬼師さんが作った令和の甍 鬼瓦
DSC06107.JPG
ちゃんと写っているでしょうか 今回鬼瓦を楽しみに参拝しました
DSC06108.JPG
お堂に上がらせていただき、参拝 お寺の方とお念仏を木魚とともに唱えさせていただきました 貴重な体験をありがとうございます
心が洗われる気持ちになりました
DSC06116.JPG
完成した御影堂
DSC06113.JPGDSC06111.JPG
忘れ傘の説明を聞きました 傘の先だけ見えたのですが ちょっと映っているのかな
知恩院の七不思議 住んでいた狐を神にしたお礼に(濡れ狐のお堂は山の上の方、以前参拝しました)
左甚五郎の忘れ傘、傘は水をよぶもの火災防止などいわれています
DSC06109.JPG>
屋根にはまだまだ発展をするという意味で未完の瓦をのせてありますDSC06117.JPG
瓦に名残を惜しんで
DSC06118.JPG



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年06月26日 08:03
徳川四天王の筆頭である酒井忠次の菩提寺が知恩院にあります
忠次は岡崎市の井田で生まれて家康の竹千代時代から仕えています
拝観謝絶のようなのでいつも山門から手を合わせています

京とみさんはいつも行列が出来ていて予約が絶えないお店ですが、今の時期は空いているようですね
京都の人が夏に必ず食べている”はも”、三河では食べる習慣がありませんが、ふわふわとした食感で白身のさっぱりと味わいが夏に合いますね

知恩院さんは自粛中三門、黒門を閉ざしていました
石垣を見ると正にお城ですね

落慶された御影堂、京都に赴任した当時から工事中でしたので長い時間をかけて修復された姿を見れて感激です
葺き残しの瓦、忘れ傘、蔀戸を閉めるための留め具も見に行ってみます
かのこ
2020年06月27日 20:10
京都の街は少しずつ活気づいてきているようですね はも、一年ぶりに食べました。テレビで見たけど白いふわふわの実を骨などとってさばいていました、手の込んだものですね。ウナギと違ってだしの文化の京都の味を堪能しました

酒井忠次はせきあさんも吉良のことでも紹介して調べられていましたよね
また誕生の地、井田もきちんと訪問してご報告できたらとおもいます

知恩院さんは高浜の尾西さんたちが再現して造った鬼瓦なのでえらく楽しみにしていました しっかり見ることができず残念
忘れ傘もはじめいろいろまたみてきてくださいね