毘沙門堂 白龍園

DSC06012.JPG
白龍園を目指して北へあるきます 叡山鉄道の鉄橋 電車がこなくて
DSC06014.JPG
毘沙門天堂 一の鳥居?ここは昔の鞍馬へ参道
DSC06013.JPG
参拝させていただきました ご住職も出てみえてお話もきかせてもらいました
DSC06015.JPG
また歩いていくと龍田神社
DSC06017.JPG

DSC06020.JPG
鉄橋をくぐり、白龍園へ 特別拝観は1300円
まだ開いていなくて、前のかじか亭で待っていてくださいとのことでした
DSC06028.JPG
かじか亭
趣ある建物はもとからあった古い建物 隣の沢から聞こえるかじかの声から名付けられたものだそうです
DSC06029.JPG
DSC06027.JPG
DSC06024.JPG
DSC06022.JPG
待つ間お茶をいただいて
DSC06026.JPG
いろりだったころのもの
DSC06025.JPG
安養寺あとの古墳からの出土品も お土産物、展示ものもあり資料館のようでした
白龍園の中にはないのでここでしっかり見ておくのも良かったかもしれません
DSC06035.JPG
白龍園
安養寺、山とも躑躅山ともいわれるこの山は古くから霊山といわれ白髪白髭の不老長寿の翁と、白蛇を御最新として崇敬されていましたが、
竹藪の茂る荒れ地となってしまいました
それを故青野正一市がこの歴史伝説の信仰を知り、復元と開発を祉弁財の姿の原型を完成されました 創業者、社員家族、地元の方の人の手てこつこつと石を積み上げ作られた美しい庭園です
白髭大神と八大龍王から庭園を名付けられました
DSC06032.JPG
DSC06037.JPG
東郷元帥の碑
DSC06038.JPG
百発百中
DSC06039.JPG
DSC06040.JPG
カエルの卵?
DSC06042.JPGDSC06045.JPG
DSC06049.JPG
参道をとおり、白髭大神と八大龍王を参拝しました 
DSC06052.JPG
DSC06055.JPG
もうすっかり山の中 開拓の大変さを思いますDSC06057.JPG
安養寺跡の碑
DSC06058.JPG
DSC06061.JPG
苔と緑の木々の中を歩いて
DSC06070.JPG
DSC06067.JPG
DSC06068.JPG
DSC06065.JPG
DSC06072.JPG
優雅な茶亭のほか、こんな石垣 人の手もかかったことでしょう
DSC06074.JPG
苔と木々の白龍園をあとにして
DSC06075.JPG
二ノ瀬駅へ 高台にあります見晴らすと途中神社がありました
DSC06078.JPG
青紅葉のトンネルをぬける叡電電車DSC06080.JPG
出町柳駅のひえい




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年06月25日 07:47
年2回しか公開しない白龍園、ここが目的地だったんですね
例年なら入場制限されるほどですが、今年は期間中の制限は無いようですね
でも人が少ないのか誰も映っていないですね
この自然の地で白龍神、白髭神を拝みパワーを頂けましたね

梅雨の合間の晴天、新緑が目に優しく映りますね
かのこ
2020年06月25日 21:43
苔と新緑の中、人のほとんどいない中、梅雨の晴れ間を楽しんできました
はじめ、かじか荘で説明をきいてよかったです。庭園巡りと神社参拝をすることができました。人によってここまで再建したとは思えないほど、綺麗で落ち着いた庭園。ゆったりできました
また鞍馬への道で一の鳥居のお寺をみつけたことも新鮮な驚きでした。聖地、鞍馬なのですね