鳳来寺山その1

DSC05570.JPG
鳳来寺山にでかけました

~西暦703年 利修という千二によって開山 利修仙人は赤鬼、青鬼、黒尾に之鬼を従え、鳳凰に乗りそらを飛び、309歳まで生きたと伝えられています
文武天皇が御病気になられたとき、利修仙人に勅使を遣わされ仙人は法皇に乗り、都に上り、7日にわたり加持祈祷を祉、天皇の御病気を治しました、この時のお礼に伽藍を建立し、鳳凰に乗ってきたからということで、鳳凰寺という名を賜りました~

バス亭から表参道へ入ります8:38
DSC05572.JPG
干支の像が道案内 
DSC05573.JPG

DSC05574.JPG
DSC05575.JPG
モクレンみつまた
DSC05576.JPG
徳川家康の安産祈願で家光公が東照宮を建てられました
DSC05577.JPG
DSC05578.JPG

DSC05580.JPG
松尾芭蕉像
DSC05582.JPG
DSC05583.JPG
上浦不動
DSC05584.JPG
ここで1425段の石段が始まります8:57
DSC05585.JPG
DSC05587.JPG
石段を登りますが、誰も会いません 先週の猿投山は大勢の人だったのに
DSC05589.JPG
仁王門9;04
DSC05590.JPG
傘杉
DSC05592.JPG
見上げてもよくわからないほど高い杉の木 カメラで写真を撮っている女性の方にあいました
DSC05593.JPG
様々な宗派の堂宇の跡が石段を登っていくとあります
DSC05595.JPG
DSC05596.JPG
お地蔵様も
DSC05598.JPG
松高院
DSC05599.JPG
医王院 9:20 
DSC05601.JPG
石段がきつくなってくる感じがします 鐘楼でしょうかみえてきました9:27
DSC05602.JPG
境内 本堂参拝後御朱印をいただきました9:32 表参道から50分石段から30分くらいでのぼりました
DSC05603.JPG
本堂
DSC05604.JPG
田楽堂から見る景色
DSC05605.JPGDSC05606.JPG
鏡岩でしょうか

東海自然歩道の周回路へ入ります


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年03月23日 07:56
すごいですね、1,400段の階段を30分で登られたんですね
僕は雨の天気でしたが40分かかりました
東照宮横まで車で行けるので、鳳来寺山は表参道の石段から登る人は少ないようですね
でも石段を登り切り本堂の前に立つと何とも言えない爽快感に包まれますね
かのこ
2020年03月24日 07:28
表参道から石段までの入り口が結構ありますね。昔は門前で栄えたのでしょうか。石段も猿投山と思えばだれもおらず、心配でしたが、カメラの方にお会いし、ほっとしながら登りました。塔頭跡、傘杉、仁王門をみながらのぼったのですが思ったほど早く登れてびっくり。カメラの時計なのであっているとおもうのですが、石段は最後がきつく感じました
山全体が霊山ですね 本堂前から見る景色は鞍馬山を思い出しました