勝龍寺城跡 恵解山古墳(いげのやま)長岡天満宮

阪急に乗り、長岡京駅でおります
DSC05251.JPG
DSC05250.JPG
神足神社へ
DSC05253.JPG
DSC05252.JPG
DSC05254.JPG
の解説で
DSC05255.JPG
DSC05256.JPG
DSC05257.JPG
こんな細いところを渡って命を落としたのでしょうか
DSC05261.JPG
神足神社
DSC05259.JPG
梅も
DSC05264.JPG
DSC05265.JPG
ガラシア通り
DSC05268.JPGDSC05270.JPG
勝龍城跡
1571年 織田信長は細川富士隆に京都の防護点としての勝龍寺城の普請を命じ、1578年細川富士隆の長男忠興と、光秀の娘玉との婚礼がおかなわれました
DSC05271.JPG
DSC05272.JPG
天守の中ではわかりやすい映像、展示がありました
DSC05273.JPG
DSC05276.JPG
DSC05277.JPG
井戸 浜松城でも見ましたが、城内では井戸は重要な水源
DSC05279.JPG
DSC05278.JPG
DSC05281.JPG
DSC05284.JPG
DSC05283.JPG
DSC05287.JPG
玉ガラシア夫人と細川忠興
玉の一生をしのびます
DSC05293.JPGDSC05289.JPGDSC05290.JPG
DSC05294.JPG
DSC05295.JPG
DSC05297.JPG
DSC05299.JPG
DSC05300.JPG 
石垣になったお地蔵様
DSC05301.JPG
恵解山古墳
古墳時代に作られた前方後円墳
歩いた写真からではなかなか感じられないけど。五世紀前半の支配者の墓とされています
造り出し 古墳の両側に作られた祭りの場 を埴輪の並ぶ丘を目指し上ります
小高い丘、戦場の本陣でもあったとか
DSC05302.JPG
DSC05304.JPGDSC05305.JPGDSC05306.JPG
学校の間を抜けて
DSC05316.JPG
長岡天満宮へ
DSC05318.JPG
平成30年の北部地震のあとに描かれたものです
DSC05320.JPG
DSC05321.JPG
DSC05323.JPG
DSC05325.JPG
馬酔木も咲いて
DSC05326.JPG
本殿
DSC05330.JPG
DSC05332.JPG
梅林へ
DSC05334.JPG
DSC05336.JPG
DSC05338.JPGだいぶ見ごろを過ぎていましたが、かわいらしい花も
DSC05340.JPGDSC05341.JPG
DSC05345.JPG
DSC05347.JPG
メジロがきていたのですが、
DSC05353.JPG
本殿に戻って
DSC05354.JPG
DSC05356.JPG
DSC05357.JPG
長岡天満宮をあとにして

梅林公園 六孫王神社

DSC05223.JPG
京都駅から梅林公園へ
DSC05226.JPG
面白いモニュメントが続きます これはクラゲ
DSC05227.JPG
DSC05228.JPG
引退したこだま まるはなくん
DSC05229.JPG
オオサンショウウオ
DSC05230.JPG

梅林公園は見ごろを過ぎたようです 
DSC05232.JPG
DSC05234.JPG

DSC05236.JPG
不動明王堂 中で参拝なさっている方がみえました
DSC05237.JPG
六孫王神社
清和源氏の始祖 歴史に名を遺した人たちが多いことでも知られています
DSC05240.JPG
DSC05241.JPG
池の弁財天 小泉八雲の小説にもゆかりがあるそうですDSC05245.JPG
朝廷から提灯など下賜され、菊紋を使うことを許されました
DSC05244.JPG
扁額
DSC05243.JPG
神馬
DSC05249.JPG
歩いていたら
DSC05248.JPG
お寺の中に線路があってびっくりしました