揚輝荘② 南館

歩いて南館へ
DSC03289.JPG
山荘風の外観 べんがら 酸化鉄の赤い壁 防水などに効果があるとか
虎の像がありました
DSC03266.JPG
旧サンルーム
DSC03265.JPG
暖炉 よく見ると金がはられています
DSC03267.JPG
床板の模様 切った残りを使ったりして模様も同じものではないのです
DSC03268.JPG
旧食堂
戦争など歴史をへて社員の食堂などにつかわれたことがありました 今はお茶などいただけます
DSC03269.JPG
暖炉のまわりの瓦 ここはお寺の瓦 東寺などあります
話の話題にしたのではといわれています
2階へ 
DSC03272.JPG
屋根瓦 樋がみえない ない?
DSC03275.JPG
海外を旅した15代伊藤佑民 山荘風の別邸を設計しなおし、海外の様式の部屋にしました
ここは英国、建物の構造上、天井が低い。照明が横から照らすようになっています
DSC03276.JPG
タイだったか、ちょっと忘れました
DSC03277.JPG
中国様式の部屋
DSC03278.JPG
泊まれるようにお部屋があります タンスや洗面台も 
DSC03279.JPG
DSC03280.JPG
吹き抜けも
地下室へ
DSC03281.JPG
インド洋式の舞台
DSC03282.JPG
お釈迦様の話が書かれた壁画 そしてテニスコートまで続いたといわれるトンネルも
信仰心の篤かった伊藤佑民さんの思いが凝縮されている感じがします
外へ出て
南庭園
まだ修復されていないそのままの庭
DSC03284.JPG
戦後女子寮に使われたままのお部屋がのこっているとか これから修復に入るそうですが
DSC03285.JPG
聴松閣を南庭園から見て
DSC03286.JPG
燈篭
DSC03287.JPG
DSC03288.JPG

揚輝荘をあとにして
名古屋城碁盤割 商業の栄えたところ
初代伊藤屋は名古屋城下に呉服店をだしました
東照宮那古屋神社近くだったという・・訪ねてみました
DSC03293.JPG
東照宮
DSC03296.JPG
名古屋神社
もう町名が残っていないけど、街歩きをし、松坂屋がどのようにでき、発展しを、松坂屋社長の別邸、発祥の地をおとずれてみました



揚輝荘

初代松坂屋社長伊藤次郎左衛門祐民が構築した別邸
完成時は約1万坪有り、文化人の迎賓館、社交場として華やいだ場所でもありました
DSC03263.JPG
伴華楼
鈴木禎次の設計 尾張徳川ゆかりの座敷に寄室を区分けて建築
DSC03246.JPG


飛鳥時代の瓦を埋め込んだ暖炉
DSC03247.JPG

DSC03248.JPG
横から見た煙突とうろこ状の壁
ちょっと神戸みたい
DSC03251.JPG
信長塀のように瓦を埋め込んだ作った塀
葵の御紋の瓦も
DSC03250.JPG
DSC03255.JPG
稲荷神社
DSC03253.JPG
池の向こうに三賞亭
大正7年茶屋町中k丸の内二丁目の伊藤家本宅から移築 別邸最初の建物 煎茶の茶室
DSC03254.JPG
白雲橋
修学院離宮の千歳橋を模したものといわれる廊橋 北庭園のシンボル
竜の天井絵 手前の柱は白木 奥は違う材木の柱というなかなか凝った橋
DSC03257.JPG
横から見て
DSC03261.JPG
三賞亭からみる池
DSC03260.JPG
橋のところに日泰寺の五重塔が写りこんでいるのですが・・
DSC03262.JPG
三賞亭を別の角度から
建物、庭を拝観して南館へいきます

千本釈迦堂 護念寺 伴神社 北野天満宮 椿寺 六道珍皇寺

千本釈迦堂へ
DSC03204.JPG

DSC03205.JPG
神社もあります
DSC03206.JPG
境内と本堂 本堂に上がらせていただいてお参りしました 本堂には逸話があります
DSC03211.JPG
おかめさんの像
DSC03208.JPG
棟梁だった夫が気を阿y待って切ってしまい、その修復を考え仏に願い無事完成したあとおかめさんは願がかない自害しました
DSC03209.JPG
そんなやさしい賢いおかめさん 桜も綺麗に咲くでしょう 
霊宝殿では、六観音様、火炎太鼓の炎の部分、鳳凰、龍の装飾など応仁の乱などで焼けなかった貴重なものを拝見しました


DSC03212.JPG
浄土宗公開の 護念寺
DSC03216.JPG
DSC03214.JPG
蔵の中のお堂 普賢菩薩さまがいらっしゃいました
DSC03215.JPG



DSC03230.JPG
豆腐のランチをいただきました おいしかったけど行列でした
DSC03218.JPG
北野天満宮へ
DSC03220.JPG
そして伴神社へ 鎌倉時代の石鳥居 土台が蓮の花弁
DSC03221.JPG
額が鳥居にかかっています
DSC03219.JPG
道真公の母 大伴氏の神社 令和の御代ももうあれないよう、穏やかに
DSC03222.JPG
DSC03226.JPG
三光門をとおり参拝しました 心優しい時代へ
DSC03225.JPG
DSC03223.JPG
DSC03224.JPG 
DSC03234.JPG
椿寺へ
DSC03233.JPG
DSC03232.JPG
鍬形地蔵様
水を困らせた地主がおこって下した鍬を受け皆を守ったお地蔵様とつたわっています
DSC03231.JPG
バスに乗り 東山へ
DSC03236.JPG
五条で見た義経と弁慶像
DSC03239.JPG
六道珍皇寺
DSC03238.JPG
小野篁公の井戸 DSC03240.JPG

閻魔様、小野篁公ゆかりの寺社、浄土宗の公開で貴重な拝観を体験しました。
応仁の乱の跡、桜、椿の名所をめぐりました
北野天満宮も訪れ令和の世が穏やかにすごせますようにと大雨の被害、これからを願いました

雨宝院 石神神社  石像寺(釘抜地蔵)浄光寺 千本えんま堂引接寺 

DSC03178.JPG
雨宝院
DSC03179.JPG
五本線の塀
DSC03177.JPG
こちらは先ほどの本隆寺の塀
DSC03184.JPG
雨宝院は神仏習合のお寺
DSC03181.JPG
DSC03180.JPG
境内には季節の花が植わっています
DSC03185.JPG
門から見た本隆寺の塀
DSC03188.JPG
道沿いに石上神社 公園みたいだけど塀がないから?
DSC03186.JPG
これぞパワーストーン
DSC03189.JPG
DSC03196.JPG
石像寺 釘抜地蔵様
DSC03191.JPG
DSC03193.JPG
ペンチのようなものが・・
DSC03194.JPG
釘抜は苦を抜く意味だったのですね
DSC03190.JPG
DSC03192.JPG
お堂を巡ったり、お参りする方たちがいらっしゃいます その奥へ
DSC03195.JPG
弘法さんの井戸
DSC03198.JPG
浄土宗公開のお寺 浄光寺へ
DSC03197.JPGでも旗がたっていません・・和尚様は午後から用事でおでかけとか お忙しい中
池大雅の話を聞きました本堂には屏風に書かれた書字 掛け軸
DSC03199.JPG
元は大きなお寺で仏像がありました 火事で持ち出したので、傷があるそうです
DSC03200.JPG
千本えんま堂引接寺へ
閻魔様接待寺 閻魔様と小野篁様を参拝しましたDSC03201.JPG
境内には紫式部 紫式部のお墓のところを思い出します
DSC03202.JPG
春は桜のきれいなところ
DSC03203.JPG
今は酔芙蓉が咲いていました

白峰神宮 首途八幡宮

DSC03153.JPG
小雨の京都
DSC03155.JPG
白峰神宮
明治元年明治天皇が父孝明天皇の遺志により四国の白峰陵の崇徳天皇の慰霊のため神霊を迎え創建され
明治6年淳仁天皇の神霊も合祀されました
蹴鞠、和歌の宗家飛竜の邸跡で守護神「まり大明神」が祀られている。そのため球技愛好者に崇敬されている
DSC03158.JPG
右近の桜、左近の橘
DSC03157.JPG
奥にはボールが奉納されていました
DSC03159.JPG
西陣
DSC03160.JPG
この建物も由緒ありそう・・
DSC03161.JPG
首途八幡宮かどではちまんぐうとよびます おびとかなとおもった・・
DSC03162.JPG
義経が奥州に旅立つ前に訪れた場所
DSC03163.JPG
紅葉が色づいてきました
DSC03164.JPG
DSC03165.JPG
DSC03166.JPG
手水舎も鳩
DSC03167.JPG
左の石段から上がり参拝してきました
DSC03168.JPG
門扉の鳩

しばらく歩いて
DSC03176.JPG
法華宗本隆寺 門と本堂は改修中でした
DSC03174.JPG
DSC03173.JPG
改修中の本堂
DSC03170.JPG
DSC03171.JPG
神社もありました
DSC03172.JPG
DSC03175.JPG
外から見て

半田 矢勝川彼岸花 新美南吉記念館 南吉生家

9月の話になりますが、記録として
DSC02783.JPG
新美南吉記念館 緑の木々、草に覆われた館
DSC02780.JPG

DSC02781.JPG
安城に下宿したころの下宿 作品の展示がありました
当時の安城は荒れ地から明治用水がひかれ、日本のデンマークとして、農村が発展していきました
病院、学校、繁華街、街が活性されていく様子をみて南吉の創作活動にも弾みがついたことでしょう
構想の中に都築弥こうの話もあり、もっと人の悪も描かれる深い作品になったのではと惜しまれます
DSC02785.JPG

DSC02788.JPG
矢勝川へ 今年はまだ彼岸花さいていません
DSC02789.JPG
権現山 ゴンの名前になったともいわれています
DSC02791.JPG
観音様
DSC02795.JPG
DSC02797.JPG
飛び石

田圃アート
DSC02800.JPG
DSC02835.JPG
DSC02834.JPG
徳川ゆかりの橋もあるのですね
DSC02803.JPG
DSC02793.JPG
DSC02804.JPG
今年はあと1週間かな
DSC02805.JPG
矢勝川から集落へ
DSC02808.JPG
常福院 中山様の菩提寺 南吉の親戚のお墓もあるそうです
DSC02809.JPG
DSC02807.JPG
蘇鉄
DSC02806.JPG
京都では冬に藁で保護されていた蘇鉄 こちらは暖かいのかな
DSC02811.JPG
八幡社
DSC02813.JPG
南吉が遊んだ神社 今日は結婚式が古式ゆかしく行われる要諦でしたが台風で中止になったそうです
DSC02810.JPG
DSC02830.JPG
山車の蔵
DSC02825.JPG
南吉の生家
DSC02823.JPG
養子に出され、なじめなくまた戻ってきて後妻さんと暮らした(仲は良かったそうです)生家
作品にちょっと寂しさを感じるのはそんな幼少期を過ごしたからでしょうか
DSC02822.JPG
1階のお父さんの畳屋さん
DSC02821.JPG
義母のげたやさん
DSC02820.JPG
DSC02819.JPG
大正、昭和の初期のレトロ感満載のお部屋
DSC02818.JPG
この家は1階に見えるのですが、実は2階なのです
DSC02817.JPG
階段をおりると
DSC02816.JPG
勝手口 台所がありました
DSC02815.JPG
下に矢勝川が流れていてそこで炊事などできたそうです
DSC02824.JPG
生家の前の灯篭
DSC02826.JPG
DSC02827.JPG
このあなで草花をついたりしてあそんだそうです このことも作品にかかれているそうで
南吉の作品は実在の地名、出来事がかかれていてある意味、ドキュメンタリーのようなものだそうです
私も、作品を読んでいて、新舞子、大野がでてきてびっくりしたことがありました 想像の世界だけではなくリアルでもあるという・・
DSC02828.JPG
生家の前の道 街道で両親は商売をしていました
大野や半田へ行く人たちでにぎわったことでしょう
DSC02832.JPG
赤い井戸枠 ごんぎつねの兵十の井戸 赤い常滑焼がつかわれましたDSC02831.JPG
DSC02833.JPG
また記念館に戻り、バスに乗りました
DSC02837.JPG
DSC02838.JPGDSC02839.JPGDSC02840.JPG
半田運河
彼岸花には早かったけど、南吉の生家を見学し、作品の背景を知ることで作品に流れる思想、気持ちなど少しは深くわかることができたかなと思います



常寂光寺

DSC03026.JPG
常寂光寺山門

DSC03027.JPG

DSC03028.JPG
船がなぜかありました
DSC03029.JPG
二輪草DSC03030.JPG
境内の花 彼岸花 

DSC03031.JPG
仁王門
DSC03032.JPG
今年は写真を残していなかった桔梗 もうおわりごろになってしまいました
DSC03035.JPG
石段を登り 向こうには鐘楼
DSC03038.JPG
登ってきた石段
DSC03037.JPG
本堂 桃山城の客殿を移築
DSC03039.JPG
DSC03042.JPG
京都市街
DSC03044.JPG
仁和寺の五重塔がみえます
DSC03046.JPG
妙見堂 北極星、北斗星を象徴した菩薩様 
DSC03047.JPG
狛犬さん
DSC03049.JPG
さらに上に
多宝塔から見る
DSC03050.JPG
DSC03054.JPG
DSC03057.JPG

DSC03062.JPG
酔芙蓉の花
DSC03063.JPG
多宝塔を下から見て
DSC03064.JPG
DSC03065.JPG
DSC03068.JPG
仁王門へ そうだ京都行こうになったの写真になったところ
DSC03070.JPG
DSC03069.JPG
彼岸花
DSC03073.JPG
藤袴、アサギマダラをみつけ、トロッコ鉄道で保津峡をながめ 鳥居本、小倉山のお寺をめぐりました
嵐山から嵯峨にかけて人が少ないのには驚きました・・まだ暑いけど、秋の気配が少しずつ感じるようになりました





二尊院

二尊院
834~848年 嵯峨天皇の勅願により慈覚大師が小倉山麓に建立
釈迦如来と阿弥陀如来の二尊を祀るお寺
DSC03004.JPG

DSC03005.JPG
DSC03006.JPG
DSC03007.JPG
DSC03008.JPG
DSC03009.JPG
本堂
DSC03010.JPG
九頭弁天堂 弁天様は女の方と思っていましたが竜の弁天様でしたDSC03012.JPG
本堂裏の六地蔵様
DSC03016.JPG
扁額 後奈良天皇勅額
DSC03018.JPG
勅使門 唐破風形の屋根 天皇様への勅使の出入りの門をくぐることができましたDSC03019.JPG
DSC03020.JPG
DSC03021.JPG
紅葉の名所の馬場
DSC03022.JPG
DSC03023.JPG
二尊院をでて歩く道
DSC03024.JPG
DSC03025.JPG

鳥居本

トロッコ嵐山からおりて小倉池
DSC02967.JPG
DSC02968.JPG
蓮がまだちらほら咲いています
DSC02969.JPG
常寂光寺
DSC02970.JPG
落柿舎
DSC02971.JPG
でもほとんど人がいない・・
DSC02972.JPG
DSC02973.JPG
頭を下げてとおり 懐かしい・・
DSC02974.JPG
化野念仏寺あたりをとおっても
DSC02976.JPG
鳥居本まで歩いてみました 静かな嵐山嵯峨野
DSC02979.JPG
お昼ご飯を。でも外国の方がいらしただけで
DSC02978.JPG
ここからしばらくあるいて
DSC02980.JPG
鳥居の送り火のあるお山のあたり
DSC02981.JPG
DSC02982.JPG
弁天様への参道
DSC02983.JPG
神仏習合の鳥居、お堂
DSC02986.JPG
狛犬さんもとても苔むして時を感じます
DSC02987.JPG
弘法様にお参り
DSC02988.JPG
しばらく歩いて
DSC02989.JPG
鳥居本の街
DSC02990.JPG
京都タワーも
DSC02991.JPG
ちょっと写真が‥ですがあとこの通りをとおります
DSC02992.JPG
通りをあるいて 屋根がなんとも良い雰囲気
DSC02995.JPG
DSC02996.JPG
DSC02997.JPG
DSC02998.JPG
DSC02977.JPG
DSC02999.JPG
西山への道など重要な道だったのですね
DSC03000.JPG
先ほどのところまで戻ってきました
DSC03001.JPG
トレイルの中にいるのですね
DSC03002.JPG
小倉餡発祥の地
DSC03003.JPG
萩ももうおしまいでしょうか 二尊院へ

トロッコ鉄道

JR亀岡駅へ
DSC02929.JPG
DSC02930.JPG
ここから馬堀駅へ歩き、トロッコ列車にのります
DSC02931.JPG
DSC02932.JPG
馬堀駅のホームから
DSC02933.JPG
秋晴れの空
DSC02934.JPG
DSC02935.JPG
列車がはいってきました 
DSC02936.JPG
窓ガラスのない窓、木のいす
DSC02937-2.jpg
ホーム
DSC02940.JPG
対岸の神社、お寺?
DSC02944.JPG
DSC02945.JPG
保津峡下りの船にてをふって
DSC02947.JPG
鉄橋をくぐり
DSC02953.JPG

DSC02958.JPG
トロッコ保津峡駅
DSC02957.JPG
団体客の方に案内、パフォーマンスをされていた方でしょうか、最後までサービスをされていたようです
皆さんに拍手されていました
DSC02962.JPG
トンネルに入ったり、川を見ながら進みます
DSC02964.JPG
DSC02965.JPG
嵐山駅 トンネル内になるので降りるのは3号車のみ
DSC02966.JPG
大勢の方がおりていきます


嵯峨水尾 

水尾はきれいな水の湧くところという意味で、京と丹波を結ぶ要所として栄え、愛宕山の参道でもあります
愛宕山の伏流水と寒冷な気候が、ゆずの産地として有名になりました。。ゆず風呂と鳥邊でもてなす店も数軒あるようです
DSC02906.JPG
DSC02907.JPG
愛宕山の参道を上がっていくと小学校
その隣の
粟田山 円覚寺
本は鴨川の東の粟田山荘内にあり、その寺で清和天皇が崩御されました
1420年に焼失したのち、清和天皇ゆかりのある水尾の山寺へ移され円覚寺とよばれるようにまりました
本尊は薬師如来像 清和天皇の持念仏ともいわれています 衣冠束帯姿の天皇座像も安置されています
DSC02909.JPG

おじぞうさん
DSC02917.JPG

DSC02911.JPG

清和天皇社
清和天皇が御祭神 水尾の氏神様 本殿と一つ屋根の下には「四所神社」も祀られています
DSC02913.JPG
鳥居には丸い輪 仏様もあり、屋根もついて扁額も
DSC02916.JPG
神輿はいのしし退治に行く途中ある皇女が水尾まで輿できておかごに乗り換えた時残された腰を神輿にしたものだそうです
杉の木立の参道を上がり、参拝をしました
DSC02914.JPG
参道のお地蔵様
DSC02915.JPG
向寺のお地蔵様 奥は三猿さんと青面金剛
DSC02918.JPG
みずひき
DSC02919.JPG
DSC02920.JPG
透き通る青空とすすき
DSC02892.JPG
藤袴畑近くのシュウカイドウ 水のきれいなところに生えるといわれています
DSC02922.JPG
金木犀が咲き始めて甘い香りがただよいます
DSC02923.JPG
DSC02924.JPG
自治会バスに乗り駅までおりていきます 自治会バスの写真がなくてすみません 片道250円です 
DSC02926.JPG

DSC02927.JPG
バスでJR保津峡駅まで戻ってきました