嵯峨水尾 

水尾はきれいな水の湧くところという意味で、京と丹波を結ぶ要所として栄え、愛宕山の参道でもあります
愛宕山の伏流水と寒冷な気候が、ゆずの産地として有名になりました。。ゆず風呂と鳥邊でもてなす店も数軒あるようです
DSC02906.JPG
DSC02907.JPG
愛宕山の参道を上がっていくと小学校
その隣の
粟田山 円覚寺
本は鴨川の東の粟田山荘内にあり、その寺で清和天皇が崩御されました
1420年に焼失したのち、清和天皇ゆかりのある水尾の山寺へ移され円覚寺とよばれるようにまりました
本尊は薬師如来像 清和天皇の持念仏ともいわれています 衣冠束帯姿の天皇座像も安置されています
DSC02909.JPG

おじぞうさん
DSC02917.JPG

DSC02911.JPG

清和天皇社
清和天皇が御祭神 水尾の氏神様 本殿と一つ屋根の下には「四所神社」も祀られています
DSC02913.JPG
鳥居には丸い輪 仏様もあり、屋根もついて扁額も
DSC02916.JPG
神輿はいのしし退治に行く途中ある皇女が水尾まで輿できておかごに乗り換えた時残された腰を神輿にしたものだそうです
杉の木立の参道を上がり、参拝をしました
DSC02914.JPG
参道のお地蔵様
DSC02915.JPG
向寺のお地蔵様 奥は三猿さんと青面金剛
DSC02918.JPG
みずひき
DSC02919.JPG
DSC02920.JPG
透き通る青空とすすき
DSC02892.JPG
藤袴畑近くのシュウカイドウ 水のきれいなところに生えるといわれています
DSC02922.JPG
金木犀が咲き始めて甘い香りがただよいます
DSC02923.JPG
DSC02924.JPG
自治会バスに乗り駅までおりていきます 自治会バスの写真がなくてすみません 片道250円です 
DSC02926.JPG

DSC02927.JPG
バスでJR保津峡駅まで戻ってきました





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2019年10月03日 07:58
原種のフジバカマが咲き、アサギマダラが飛び交う水尾
空気も水もきれいな地
清和天皇が隠棲地に選ばれました

神仏習合の鳥居、境内のお地蔵様
日本の原風景がひろがる水尾ですね
かのこ
2019年10月04日 05:57
山間にぽっかりある集落とおもったのですが、丹波へむかう歴史ある道、愛宕山への参道の街でもありました 清和天皇もきにいられたようですね。粟田のお寺がここにもありおどろきでした ゆっくりゆず湯、とりなべなど味わいたい気持ちもしました