田口線廃線跡~三河田口駅跡から清崎駅跡

ダム工事の方にお礼をいって田口線跡をガイドさんの説明をききながらすすみます
DSC01793.JPG
川の瀬音が響く中歩いていきます。真夏なら涼しそう。鮎漁にはとてもいい場所だそうですが、はいれません
DSC01795.JPG
木々の間から何やら家らしきものが。
ガイドさんの説明ではダム工事反対のかたがたが住んでいたそうです
DSC01796.JPG

DSC01798.JPG
真っ暗なので懐中電灯をつけて
DSC01799.JPG
DSC01801.JPG
またトンネルをぬけ
DSC01802-1.jpg
DSC01803.JPG
とても鉄道らしい車窓の?風景のところ ガイドさん推しの風景
DSC01805.JPG
どんどんすすみます
DSC01807.JPG
この筒はなんでしょうとガイドさん         鮎の放流だそうです。 
DSC01809.JPG
これは大久賀多第一トンネルかな
DSC01810.JPG
川の流れる向きを見ておいてくださいねと説明があり、進んで右手方向に画面右から左へながれています
DSC01812-1.jpg
入ってぬけて
DSC01814.JPG
出てきたところの橋 第四寒狭川橋梁
進んで左方向を見ているのですが、川の流れは画面右から左、川が山のところで蛇行してきたのがわかります
DSC01815.JPG
橋を渡って
DSC01817.JPG
またトンネルに入り
DSC01818.JPG
DSC01819.JPG行きの三河田口駅に向かっていた時は向かいの道をバスで走ってきました
DSC01820.JPG
やまいもDSC01821.JPG
草も気にしながら歩いて
DSC01824.JPG
馬頭観音様のようですが、牛さんのようです。牛が農耕に使われていた時代でもあり、みのり号祀られたようでお参りをして通ります。
牛と人と鉄道と・・その時代の物語を想像します 
DSC01825.JPG
田内トンネルかな?
DSC01826.JPG
DSC01827.JPG
橋 第三寒狭川橋梁をわたり、
DSC01828.JPG
DSC01829.JPG
弁天さんがいらっしゃいます、今日は朝お祀りだったそうです

DSC01831.JPG
DSC01830.JPG
DSC01832.JPG
渡った橋をみて
DSC01833.JPG
駅跡ですが家の間で
DSC01835.JPG
清崎駅跡
DSC01836.JPG

線路あとはまだ伸びていますが、今日はここまでで、田口線跡におわかれ。バスに乗りもどりました
丁寧に説明していただいたガイドさん、気づかいしていただいた豊鉄の添乗員さん、運転手さん、お忙しいダム工事の方々、
ご一緒していただいたツアーの方、有意義な時間が過ごせました。ありがとうございました
24キロの全線歩いてみたくなりました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年07月23日 08:13
田峯の近くまで廃線を辿ったのですね

田峯観音、田峯城址に行った事があります
本当に山の中で交通機関も無く鉄道は当時、貴重な足だったんでしょうね
かのこ
2019年07月23日 23:47
5キロほどでしたが、実際歩いてみて当時の人をのせ、御料林から木の切り出しの森林鉄道、鉄道が担っていたものを想像しました。名鉄に乗り入れもしていたようですよ。山の中の人が街へ出かけ楽しみもあったのかなと車両を眺めて思いました。田峯までいかれたのですか。えらい山奥まで歩かれたのですね。廃線を全線歩いてみたいなと思いました。