旧邸御室

仁和寺でバスをおり、あるいて 旧邸御室
昭和初期の数寄屋造りの邸宅
作られた目的などはっきりわからないのですが、昭和初期の和の心を感じる邸宅
平成28年11月国登録有形文化財になりました
画像
画像

御室邸は今は株式会社山三製材所創業者 山本三夫の次女 村田章代さんの所有になります
画像

22畳の大広間で説明を聞きました

花梨の一枚板で作った卓にうつる庭の緑。花梨は東南アジアのもの。
画像


画像

廊下の天井
画像

にわにでていいとのこと 鞍馬石の大きな敷石
画像

画像

ほたるぶくろ
画像

登録有形文化財の茶室御待合
画像

手水鉢
画像
茶室双庵 登録有形文化財
躙り口から入ります
画像

四畳半の茶室
画像

普通の茶室にはない構造 外の庭がみえます
開放的なお茶室
画像

掛け軸がないのが残念
画像

水屋へ
画像

画像


画像

書院も撮っていいよということでしたので
画像

ここは茶室になっているのでしょうか

画像

係りの人がおすすめの花天井




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年06月17日 08:00
御室邸は、京の夏の旅で大絶賛を受けたお屋敷です
数寄屋造りの邸宅内部は開放感ある大広間に置かれた美しい緑が映る「庭鏡」が大人気でした
記事の写真も素敵に撮れましたね
茶室も花天井もきれいに撮れて記事が映えますね
2019年06月18日 06:14
庭鏡というのですね。床緑などそんな楽しみ方もあるのがこれも風流な和の楽しみ方ですね。夏の旅で好評だったのですか。写真、上手に撮れていないのですがありがとうございます。

この記事へのトラックバック