四季便り

アクセスカウンタ

zoom RSS 長谷寺

<<   作成日時 : 2019/05/03 00:12   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

40分ほどバスに揺られて 長谷寺へ
山門と横の牡丹に迎えられて入ります
画像


長谷寺は天武天皇のため道明上人が初背山の西丘に安置したのが始まり
得道上人が聖武天皇の勅願によって十一面観音を東の丘にお祀りしました
観音信仰に厚く西国三十三所観音霊場も開かれました
画像

有名な回廊をあがっていきます。
こちらは階段が広く上がりやすかったです。
画像

画像

回廊から見る牡丹
画像

牡丹
画像

本堂前は人がいっぱい。特別拝観なので、本堂も20分待ちといわれました
本堂横を上がってみた景色

画像

本堂の鬼瓦
画像

お寺の方が待ち時間にと。お話
画像

本堂横には中の観音様がのぞけるような窓もありました
画像

柱の長さを忘れたので、足したという逸話がのこっているそうです。30分ほど待って中に入ることができました
塗香をもらい、手に塗り、本堂にはいりました。特別拝観で十一面観音様の御足にふれて念じました
画像


画像

本堂をくるっとまわって 山側は懸けづくりになっています
画像

本堂から見る景色
画像

長谷寺の五重塔
地蔵堂、大黒堂を参拝して
また上に上がっていきます
画像

画像

御影堂にお参りして

画像

扁額 本長谷寺
画像

お堂は思ったより小さかったです
画像

五重塔を下から見たところ やはり大きい
画像

画像

お堂を上から眺めます
画像

画像

花の寺 シャガ
画像

オオデマリ
画像

奥の院をお参りして
画像
降りてきて
本堂の懸けづくりを見たかったのですが、木々に覆われて
画像

山の中のお寺
画像

あの赤い花の木は?
画像

六角堂(写経)
画像





画像

五重塔を下から
画像

シャクヤクと牡丹
宗宝蔵では 石仏、本長谷寺の「銅板法華説相図」が展示されていました
画像

牡丹をもう一度見治めて
画像

長谷寺をでて参道をあるきます

画像

モクレン
画像

画像


画像

画像

法起院西国三十三所番外
画像


画像
参道で草餅を食べ、駅に向かいます。ところが、駅はまた坂を上り、石段をあがり・・と山でした
特急券は名張駅のホームでかってくださいとのこと。
しっかり今日は歩きました。
奈良の古刹の大きなお寺を参拝しました。水ゆかりの龍の神社もめぐり、奈良の古代の歴史を感じる旅でした


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うましうるわし奈良のTテレビCMで流れている長谷寺
大きな観音様の御足に直接触る事が出来るCMです
御足に触り願いを伝える事が出来良かったですね
花の寺とも呼ばれる長谷寺
ボタンなど豪華な花が咲き見乱れる境内はさすがです
京都からも遠い室生
貴重な体験をされましたね
せきあ
2019/05/04 09:40
長谷寺はいきたくてもなかなかいけず、バスツアーに申し込もうか考えたことがありました。でも電車ででかけ、実際歩いて参道の雰囲気、駅を感じることができてよかったです。新緑と初夏を迎える花と百花繚乱の境内でした。
観音様には御足を触れて祈願できました。おっしゃるように貴重な体験でした。
かのこ
2019/05/04 17:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
長谷寺 四季便り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる