大原野神社

大原野神社へつきました
画像

千眼桜 一重の枝垂れ桜 満開時期が短いので幻の桜とも呼ばれています
画像

開花に間に合いました
画像


784年長岡京遷都の際、春日大社の分霊を小塩山のふもとに歓請した神社
藤原氏にとって氏神様であり、紫式部にも歌に詠んでいます、また源氏物語に二十九帖「行幸」に冷泉帝が大原野に向かう様子が描かれています

画像

手水処の鹿さん 巻物をもっています
画像

狛鹿さん
画像


画像

杉でしょうか、巨木が倒れて本殿を一部倒壊したようでした
画像

シャクナゲも咲き始め
画像

画像

瀬和井 文徳天皇が祈願し生まれた清和天皇の産湯 十輪寺を思い出します
画像

鯉沢の池 
奈良の猿沢池を模して造られた池だそうです
この橋、ちょっと見覚えはありませんか。モネの睡蓮の橋にそっくりなのです

画像


中島の地主社に参拝して
画像


藤原氏の菩提神社でもある奈良の春日大社から建てられた大原野神社
藤原氏は娘が生まれ、皇后になれるよう祈願しました。藤原道長は三人も皇后になったそうです。
十輪寺では業平が藤原高子の参拝時に煙を上げて知らせたという話もありました。
 
画像

若宮社 
画像

画像

池のほとりの春日乃茶屋で草餅をいただきました。お店が作るのはひだを寄せてあるオリジナルのもの
ヨモギの緑が映えます。ほろ苦い味と庵が絶妙においしい

画像


参道を戻ります お昼ご飯の時、参道途中のこごろさんへ行ったときにアップしていないもの
画像

画像

鹿のついた燈篭
画像

二の鳥居
画像


一の鳥居

長岡京遷都の歴史、弘法大師巡錫、竹の里、大原野の春、由緒ある桜めぐりができました
桜いっぱいの話、読んでいただきありがとうございます。
とても満喫した参拝でした。。心残りは旬の筍を買わなかったこと。。

この記事へのコメント

2019年04月15日 08:05
千眼桜の満開は、8,9,10日だったようです
少し早かったようですがほぼ満開の花を見れて今年は何か良い事があるかもしれませんね
奈良の春日大社から初めて勧進された大原野神社
藤原氏の加護も厚く受けたのでしょう
京から遠く離れた地でも当時の貴族文化が華開いた地だったでしょうね
かのこ
2019年04月16日 06:34
春日大社からとは知りませんでした。なぜ鹿?鹿がよく出るからかなと思ったくらいで。
奈良からの歓請、そして藤原氏の氏神様、都をここに建てたこと・・奈良から京都へ 長岡京のことをおもいます。
桜に間に合ったこと感謝です。
穏やかな西山の春、桜咲く中、ゆったりと春の時間を味わって参拝できました。

この記事へのトラックバック