勝持寺

隣の勝持寺へ
画像

といってもここからが長かった
画像

途中あと400メートルと書かれた緩い石段をのぼり
画像

画像


画像

こちらは腕がない 
応仁の乱でこの大原野は焼けてしまいました。今まで見たお寺も焼かれています
この門はその中で残ってきたもの。仁王様が伝えているようです
画像

仁王門をくぐり
画像

画像

画像

画像

小塩山 大原院勝持寺
天武天皇の勅で役行者が開創 伝教大師が薬師瑠璃光如来を彫りご本尊
画像

書院でお抹茶をいただきました
画像

桜の外郎
画像


画像

阿弥陀堂、瑠璃光堂 を参拝し
画像

半鐘
画像

画像

西行桜

鳥羽上皇の北面の武士であった佐藤兵衛義清が勝持寺で出家し、西行と名を改めました
桜を植えて愛し、その桜を西行桜と呼ぶようになりました

大きな桜 三代目だそうです
画像

桜咲く境内
画像

画像

漁籃観音
画像

桜に覆われる境内
画像

画像
不動堂
弘法大師が平安時代に眼病苦しむ人のため祈願、石の不動明王を刻んで岩窟に安置 お堂の後ろの岩に石のお不動さんがいらっしゃいました

画像

桜に包まれる阿弥陀堂 瑠璃光堂
画像

桜の歌を多く残した西行法師
勝持寺で詠んだ歌
花見んとむれつつ人の
 くるのみぞ
あたらさくらの
 とがにはありける
今の私たちを読んでいるようで・・
画像

花の寺
画像
桜のトンネルをくぐり来た道をもどり、

画像
大原野神社へ




この記事へのコメント

2019年04月15日 08:00
花の寺と呼ばれる勝持寺さん
境内は西行桜を筆頭に桜の花の競演が行われていますね
仁王門からの参道は距離が違いますが岡崎の真福寺を思わせますね
良い季節です
かのこ
2019年04月16日 06:28
そうです。仁王門と参道で真福寺をおもいだしました。真福寺もこの間参拝してきました。
桜の中でなくなりたいといい歌を詠んだ西行、出家の謎など、お寺の中でぼんやり考えていました。
でもこのお寺も創建は役行者で、奈良からのもの、長岡京を感じます

この記事へのトラックバック