東寺 道祖神神社

平清盛の樟、安倍晴明関連寺社、西寺、羅城門とめぐり
画像

東寺の南大門
画像

おや、鳥がいます。。とても人なれしているのか、近づいても動きません。カメラ目線でほかの方にも写真を撮られていました。
画像



画像

京都タワーも
画像

東寺南大門の瓦
画像

おお、こちらは鳩の飾り・・と思ったら、本物の鳩でした
画像

南大門からはいります
画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

勅使門みたい、仁和寺をおもいだします
画像

画像


画像

金堂を後ろから
画像


画像


画像


画像

小野道風ゆかりの柳
画像

こちらは水鳥さんが仲良く
画像

東寺をあとに
画像

この広場は?
画像

伏見稲荷社の御旅所 お祭りのときは山車がならぶのでしょうね
画像


画像

雨が降ったり、照ったり・・なんだか安倍晴明が空で祈祷をしているような天気の変わりやすさ。
天気が予測できなかった昔は、天文学にすぐれた人を信仰、恐れたような気がします

道祖神神社
画像
画像


画像


画像

街中から見る京都タワー

春の小雨降る中、西山柳谷寺へでかけ、風情漂う竹の寺をめぐってきました。
安倍晴明、平清盛ゆかりの寺社をたずね、西寺の歴史を感じてきました。京都の街を守ってきたものを少し違った面から見ることができたかなと思います。
春本番近し・・梅から桜へ変わっていく季節の京都を歩きました

この記事へのコメント

2019年03月26日 08:00
東寺の雰囲気を一番感じられる南大門近くの歩道橋
雰囲気を味わえたかと思います
観光ではまず訪れない東寺の南大門
南大門から入ると神仏習合の当時の雰囲気が味わえると思います
今回も交通機関を使いこなし、各所を巡られていますね
かのこ
2019年03月26日 21:37
西寺をみてからの東寺、こんなに大きなお寺と、せきあさんのブログにもあった南大門から見て思いました。伽藍、堂宇だけを見て今回廻ってみましたが、どれも重厚感ある建物ですね。訪れるたびに発見があります。京都の交通機関、まだバスが把握できてませんが乗れるようになってきました。

この記事へのトラックバック